| メイン |

2007年09月15日

戦後教育のおかしな教育改革

17-02_thumb_3.jpg

戦後教育の問題性がよく取り上げられるが、どこに問題があったのか探って行きたいと思います。

戦後、GHQ占領下の元、日本国憲法の施行と同時期(1947年)にアメリカ教育使節団の提言により教育の改革が行われ、教育基本法が施行される。

教育基本法は、GHQとの協議・意見交換で、戦前の国家主義的教育につながるような文言の削除を求められた箇所はあるにしても一貫して日本人の手で自主的・自律的に作成されている。(参考)教育基本法Q&A

続きを読む前にポちっとお願いします。

 にほんブログ村 子育てブログへ

改めて法文を見ていくと、
現行教育基本法より

<前文>
 われらは、さきに日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貞献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、心理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。

第1条(教育の目的)
 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値を尊び、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

第2条(教育の方針)
 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現させなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。

・・・(第11条まで)

民主的”“平和”“福祉”“個人の尊厳”など
るいネットで言うところの旧観念(価値観や現実を否定して頭の中だけで充足を得る観念)が溢れている一方で、

第1条の“国家及び社会の形成者として”や
第2条の“実際生活に即し
など、現在では、分断されてしまっているが、当時は、社会や実生活と繋がる教育を目指していたものと思われる。

実際、戦後復興並びに経済成長期を迎え、国を上げて豊かさ実現に向かっていた時代で、上記のような旧観念よりも“豊かさ実現へ向けて(実利レベルで)”の教育が中心軸となっていたのではないだろうか。

しかし、1970年代:豊かさが実現されると、収束先を見失い、
1980年代:学校が荒廃しだし、『家庭内暴力』『校内暴力』『非行』『いじめ』
1990年代:『学級崩壊』『不登校』『ひきこもり』『幼児虐待』『凶悪犯罪』『精神荒廃』

と諸問題が次々と起こりだす。

対して、教育方針(教育理念)は、
1980年代:『個性主義』『新しい学力観』『自己教育力』
1990年代:『生きる力』『自分探し』『自己実現』『心の教育』

中でも1997年の
教育は『自分探しの旅』を扶ける営みであるとして、一人一人が自己実現を目指す過程に的確な援助を与えることが教育の使命であるとの基本理念
は、何をどうしようとしているのか意味不明。教育方針を完全に見失っている。

遡って、1966年の
『期待される人間像』
①個人として・・・自由であること
②家庭人として・・・家庭を愛の場とすること

を見ると、旧観念を下敷きにした教育方針の問題性の片鱗が伺える。

そして、この頃から、国家としての全体課題が個人課題へとずり落ちていく。

引用抜粋先:文部科学省 中央教育審議会 義務教育特別部会第1回資料より

教育基本法が元になっているとは言え、文部科学省の政策は、教育の諸問題を引き起こすように教育方針を打ち出しているように思える。
そして、教育基本法で謳われている“自由”“平等”“個人”といった旧観念がいかに、諸問題の発端となっているかを実証している。
 
現状は原因分析をろくに行わず、聞こえのいい表層的な言葉で飾っているだけに過ぎない。

 実現しない、むしろ現状を悪化させている旧観念を捨て、現実を直視し、なんで諸問題が起こるのか?どうすればいいのか?を追求していく必要がある。

近年の状況については、当ブログで
 “ 学校ってどうなってるの? ” で検索していただけると、
いろんな角度(視点)から追求されています。ご参考に。

投稿者 sodan : 2007年09月15日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2007/09/343.html/trackback

トラックバック(1)

にほん民族解放戦線^o^
アメリカのイメージが26カ国で悪化…それでも日本は… 米国の印象度、26か国で悪化 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007062800761=============... ...[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年9月19日

コメント

sodanさんの引用されている「アメリカ教育使節団の提言」を見てみると

>日本史、修身、地理などの教科を廃止し・・・・とある。

自国の歴史、道徳、地理、等を教育せずに、”国家及び社会の形成者として”や
“実際生活に即し”をどうやってなしえようと言うのでしょうか?

戦後、アメリカによる奴隷教育を引きずったままの教育制度であることが根本問題なのではないでしょうか?

>当時は、社会や実生活と繋がる教育を目指していた

本当でしょうか?sodanさん

投稿者 通りすがりのオトン : 2007年9月18日 00:53

>アメリカによる奴隷教育を引きずったままの教育制度であることが根本問題

オトンさんの言われている通りだと思います。

法文上は、あたかも、自主、自立的に成分化されていますが、明らかに制度は奴隷ですね。

アメリカは、日本を属国にするために、武力ではなく、腕力でなく、観念を駆使して、煽動したのだろうと思います。

そのように思い込ませるのが彼らの手法なのではとかんぐってしまいますね。

投稿者 こん : 2007年9月20日 02:17

通りすがりのオトンさん、こんさんコメントありがとうございます。

>戦後、アメリカによる奴隷教育を引きずったままの教育制度であることが根本問題なのではないでしょうか?

私もこの記事を書くまでは、そう思っていました。

しかも、「アメリカ教育使節団の提言」には、(日本語は、他国とかけ離れた言語であり、国際性がなく、非効率なので)日本語を廃止し、ローマ字を使うように提言もされています。
現在、日本語を使っていることから、(経緯は調べ切れていませんが)受け入れなかったようです。

改めて、「アメリカ教育使節団の提言」の要旨を文部科学省のHPから読むとhttp://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbz198102/hpbz198102_2_034.html、

ウキペディアでは、(戦後直後の教育を否定的に見ている方に飛びつきやすい様に)偏った編集の仕方をしているようにも思えます。

一方で、“観念操作(=言語統制)”は、教育場面に限らずマスコミを通じ行っています。

明らかに、問題性が高いことは言えます。

ただ、現状の教育を初めとする諸問題の根本問題が“アメリカによる奴隷教育”にある。と言い切ってしまうのは、いささか偏った“マイナス思考(片面思考)”に思えるのです。
全てアメリカ(GHQ)が悪いのだ。と言ってしまえば問題が解決したような気になる=思考停止してしまってはいないでしょうか。

良かれ悪しかれ、豊かさが実現され、貧困が消滅したことによって、近代思想を初めとする旧観念が役に立たなくなった。にも関わらず、今の時代にあった新しい観念が生み出せていない。旧い思考パターンから抜け出せず、可能性を指し示せずにいることの方が問題なのではないでしょうか。
個人主義は、エスカレートし個人の利益や権利を絶対視し、子供や家庭は、国家に要求するだけ、国家は答えを見出せず、要求に迎合するだけの機関に成り下がってしまった。

例えば、アメリカの提言による“ゆとり教育”だって、教育方針が見出せていれば、跳ね返すことだってできたのではないでしょうか?

“回答”には、もう少し(で済まなさそうですが)お時間を下さい。

投稿者 sodan : 2007年9月22日 13:11

>現状の教育を初めとする諸問題の根本問題が“アメリカによる奴隷教育”にある。と言い切ってしまうのは、いささか偏った“マイナス思考(片面思考)”に思えるのです。
全てアメリカ(GHQ)が悪いのだ。と言ってしまえば問題が解決したような気になる=思考停止してしまってはいないでしょうか。

sodanさん、コメントへの返信ありが問うございます。

確かに、事実は構造的に分析してみないことには、悪い・良いだけの価値の判断だけでは、目くらましのマスコミ同様ですね。

旧観念のフィルターが通っています。そこを、構造的に分析する必要がありそうですね。

歴史構造として人々の意識や共認内容がどう動いてきたかでしょうね。

すこし、先走ってしまいました。すいません。ここに集うみんなで見極めていきましょうね。

投稿者 こん : 2007年9月23日 02:21

コメントしてください

*