| メイン |

2021年06月18日

表情の見えないマスク生活が子供の脳や心の発達を阻害している。

保育の現場では、表情が伝わらないマスクによって反応が鈍くなったり、コミュニケーションが取れないという問題が発生しています。

周りの人の表情を読み取って、感情を理解したり共感することを学ぶ子供たちにとって、最も重要な環境が奪われているのです。

 にほんブログ村 子育てブログへ

以下(https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/871445.html)より引用します。
————————————–
■子どもの発達に影響? 園児と対話 口元見せる工夫

「もぐもぐだよ、あーん」。保育士が離乳食をスプーンで差し出しても、園児(0歳児)は口を開かない―。静岡市内の保育園で見られたという給食中の一コマだ。園長によると、通常、乳児は保育士の口元を見て口を開けたり、そしゃくしたりする。だが、「保育士がマスクをしていたため、園児が反応しなかったのではないか」と話す。

ほかにも、2歳児クラスで「クリスマスおめでとう」という言葉を練習していた際、園児が「クリスマス」となかなか言えない事例があった。担任がマスクを外して言い直すと、普段通りはっきりと発音できるようになったという。園長は「子どもの発達に配慮したマスク着用のあり方を考えていきたい。専門家の知恵も借りつつ、関係団体の会合などで議論していければ」と語る。

同市葵区の認定こども園「あおぞらキンダーガーデン」と藤枝市の平島幼稚園で園長を務める岡村由紀子さんは両園で、状況に応じて、口元が見えるマウスシールドを取り入れている。臨床発達心理士でもある岡村さんは長年の経験から、「表情を含めたノンバーバル(非言語)コミュニケーションは、乳幼児期の人との関係作りや心の発達に欠かせない」と考える。

マウスシールドを使用する際は、換気の状況や子どもとの距離、保育者の健康管理に気を配る。体調に少しでも変化があればマスクに切り替えるなど、柔軟に対応している。保護者の理解も不可欠として、園便りなどを通じて保護者との意識共有にも取り組む。「子どもの『心の育ち』のため、大人ができることをやる。子どもの世界はなるべく通常の状態を守りたい」と強調する。

全国私立保育園連盟(東京都)の保育・子育て総合研究機構に所属する一部の園でも、保育現場専用に開発されたマウスシールドを試行する動きがある。京都市の修学院保育園(室田一樹園長)は近く、保育時間の一部で導入を始める。

マスク着用が日常化する中で「子どもに感情がうまく伝わらない」と危機感を強め、昨秋から対応を検討してきた。ベビー用品メーカー「ラッキー工業」(岐阜県)に、保育現場で安全に使用できるマウスシールドの開発を提案し、試作に一緒に取り組んだ。室田さんは「限られた時間でも、子どもと表情豊かなコミュニケーションが取れるようになれば」と期待した。

■「新様式」脳や心の成長に配慮を 京都大・明和政子教授

新型コロナウイルス禍でマスクによって他者の表情が見えない状況が日常化すると、子どもの脳や心の発達にどのような影響があるのか。乳幼児の発達に詳しい京都大の明和政子教授(発達科学)に聞いた。

人間の脳には、環境の影響を強く受けて変化する特別な時期「感受性期」がある。視覚と聴覚の情報処理に関与する脳部位の感受性期は、およそ生後数カ月頃から就学前までとみられる。
その期間、子どもは相手の表情全体を見ながら、感情を理解したり共感したりする心を育む。また、口の動きという視覚情報と、音声という聴覚情報を結びつけ、さらに自らまねることで言語を獲得していく。

つまり、乳幼児期にダイナミックに動く表情を豊かに経験することは脳と心の発達に非常に重要だ。マスクで口元が覆い隠されると、子どもたちは学びの機会を減らすことになる。脳と心の発達に何らかの影響が生じる可能性も否定できない。

子どもたちの脳と心の発達を守るために、家庭や保育現場ではできることをできる範囲で実践してほしい。コロナ禍に限らないが、家庭ではスマートフォンに集中する時間を少しでも減らし、子どもに豊かな表情を見せる環境を意識的に提供してほしい。保育現場では、大勢でなくてもよいので、担当の先生が受け持つ赤ちゃんに積極的に表情を見せる工夫をしてほしい。

保育現場では、透明素材で作られたマスクなどの着用を試みる園も増えてきたが、国は何も指針を示していない。昨年、フランスでは、科学者と現場が一体となって、子どもたちの発達へのリスクを政府に訴え、保育・教育現場に透明マスクが一斉配布された。日本でも、国の支援が必要だ。コロナが長期化する中、脳が完成された大人を対象にした「新しい生活様式」だけでなく、発達途上にある脳を持つ子ども向けの「新しい生活様式」も考えていくべきだ。
——————————–

投稿者 hoiku : 2021年06月18日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2021/06/7964.html/trackback

コメントしてください

*