2018.11.09

学校の勉強は人の能力、可能性を潰しているだけではないか。

現在の学校制度。最終学歴の大学が頂点だとすれば、その入学試験の合格目指して小・中・高と12年間勉強していることになります。

12年・・・長いです。この間学校の授業で1日6時間、宿題や塾も含めると1日9時間以上を勉強に費やしていることになります。そこまでやってようやく大学に合格するだけの学力がつく、という前提で皆学校に通っているわけです。

ところがこの12年間分の勉強をたった2ヵ月半でマスターしてしまった人がいます。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "学校の勉強は人の能力、可能性を潰しているだけではないか。"

posted by hoiku at : 2018.11.09 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.11.08

待機児童問題は保育士不足6~シニア層の活用3・グランドシッターという制度

保育におけるシニア層の活用は、どのように進んでいるのでしょうか?

「グランドシッター」という制度があるそうなのです。

キャリコネニュース

10時間4万4000円の講座を受けて「グランドシッター」認定

シニア世代が大活躍!!

「シニア世代に注目 講座受けて現場へ」と題されたこの特集では、定年退職をしたシニア世代を、保育士として積極的に採用する動きを紹介していた。東京都杉並区にある、保育園。ここでは現在、62歳の相澤さんという男性が活躍している。

2年前、40年間勤めた会社を定年退職し、保育園で働くことになった男性だが、保育士の資格は有していない。しかし、横浜市で開催されている、「グランドシッター養成講座」で

保育の基礎的な知識とスキルを学んだという。主催しているのは、日本ワークライフバランスサポート協会という団体だ。

なるほど、若い保育士のなり手が不足している一方で、高齢化社会であえる現代では、シニア世代が増え続けている。シニア世代に活躍の機会を増やそうと考えるのは、おかしなことではないのかも知れない。

グランドシッター養成講座の受講料は4万4000円。合計10時間の実践的な講座を受講したシニア世代を、グランドシッターとして認定しているという。

10時間というのはちょっと短いような気もしないでもないが、シニア世代ということで過去に子育てに参画した人も少なくないはず。案外たったそれだけの時間で、最低限必要なスキルが身に着く人もいるだろうか。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "待機児童問題は保育士不足6~シニア層の活用3・グランドシッターという制度"

posted by hoiku at : 2018.11.08 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.11.06

「母もきょうだい4人も私も不登校」 17歳少女が伝えたいこと

「学校へ行く、行かないを問題にするのではなく自分自身がどうするかが一番大事」

・・・社会に出て、社会の圧力を知った人なら激しく同意できるのではないでしょうか。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「母もきょうだい4人も私も不登校」 17歳少女が伝えたいこと"

posted by hoiku at : 2018.11.06 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.11.01

学校制度が社会からずれ始めている。

学習指導要領が改正され、「社会に開かれた学習過程」を標榜してアクティブラーニングや思考力・学ぶ力の育成、地域社会の教育資源の活用など、一方的な知識の詰め込みから大きく舵を切ったように見えます。

しかしそれら全てはこれまでと同じ教師によって、学校という枠の中で実践することが前提であり、どこまで効果があるのかきわめて疑問です。

日本の教育関係者もこのままではいけない、と気付き始めてはいるようですが、学校制度も教師もそのままで、うたい文句を替えただけ。問題の本質は学校制度、教員養成制度にあることには依然と蓋をしたままのような気がします。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "学校制度が社会からずれ始めている。"

posted by hoiku at : 2018.11.01 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.11.01

待機児童問題は保育士不足5~シニア層の活用2

実際、保育の現場ではシニア層の活用が具体化していっているようです。

人材派遣会社のHPから シグマスタッフ

人材不足の保育施設で、注目されるシニア世代の働き方

近年の保育士の有効求人倍率は、なんと5倍以上にも登っています。
仕事を求めている保育士1人に対しての求人が5件以上ある極端な売り手市場となっているのです。

この原因については、保育士に要求される長時間労働やそれに対して支払われる給与の低さなどの問題が挙げられますが、原因はさておき、この極端な人手不足をフォローするための人手が必要です。
そこで、会社を定年退職して生活の時間に余裕のあるシニアに注目が集まっています。 シニアスタッフ1

保育士の資格取得はシニアでも可能?

保育の仕事に携わるのであれば、保育士の資格があるに越したことはないでしょう。
保育士は国家資格ですが、保育士試験の受験にも保育士登録にも年齢制限はありません。
医師や看護師とは違い、専門学部への通学などは必要ありません。
通信講座などでも受験資格を得ることができ、保育士試験にチャレンジすることが可能です。

実際70歳近くになってから保育士の資格を取得し、保育士として働いている方もいます。
ただし筆記試験に加えて実技試験もあり、合格率は約2割とそれなりの難関であると言えるでしょう。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "待機児童問題は保育士不足5~シニア層の活用2"

posted by hoiku at : 2018.11.01 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.10.30

頑張りすぎは要注意! 受援力を身につけて「頼り上手」になろう

 

お母さんに向けた発信ですが、

これって子育て中のお母さんだけじゃなくお仕事する上でも大事なことですよね☆

 

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "頑張りすぎは要注意! 受援力を身につけて「頼り上手」になろう"

posted by hoiku at : 2018.10.30 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.10.26

詰め込み教育は、子どもたちの生命力さえ奪っているのではないか。

教科書は厚く重くなり、宿題は増え、小学生から塾に通う子が増えている。遊ぶ時間もなく朝から晩まで勉強や習い事漬け。

大人より忙しいのではないかと思える現代の子どもたちを見ていると、強烈な違和感、危機感を感じるのは私だけでしょうか。

今回は「つめこみ教育」と子どもたちの現状について考えてみましょう。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "詰め込み教育は、子どもたちの生命力さえ奪っているのではないか。"

posted by hoiku at : 2018.10.26 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.10.25

待機児童問題は保育士不足4~シニア層の活用1

全国的にもんだな保育士不足。雇用待遇を変えて他から引っ張ってくるとか、規制をゆるめて保育士資格の必要数を下げるとかではなく、もっと皆に希望が持てる方法はないのでしょうか?

一つ可能性が出てきています。

産経ニュース

シニアの豊富な経験が好評 保育や家事代行業界で活躍

 保育園や家事代行サービス業界で、子育てが一段落したシニア世代の労働力が注目されている。人手不足が指摘される業界の「救世主」と期待されるとともに、育児や家事の豊富な経験を生かした丁寧な仕事ぶりが評価されている。働く母親らを支援する一方、シニア世代にとっても、新たな生きがいを生み出す場になっているようだ。(中井なつみ)
 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "待機児童問題は保育士不足4~シニア層の活用1"

posted by hoiku at : 2018.10.25 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.10.23

家電量販より高く販売して、お客様から喜ばれるでんかのヤマグチ に学ぶ!

まちの電気屋さんが地域のかたから愛されてものすごい利益を出しているのだそうです。

人のためになる活動をやることが市場社会の中でも勝っていくのです!

その電気屋さんの仕事とは・・・?

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "家電量販より高く販売して、お客様から喜ばれるでんかのヤマグチ に学ぶ!"

posted by hoiku at : 2018.10.23 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2018.10.19

「中卒はヤバい」ってホント? 実際に中卒の私が経験したその後

就職するなら大学は出ておかないと、というのが今や常識かも知れません。
しかし最近では、企業側も大卒の一斉採用を通年採用に見直して在学中から採用したり、学歴不問として実力を評価する動きも出てきています。

特に産業の先端を行くベンチャーやIT系企業などは、大卒はおろか、中学生でも高校生でも実力と本人のやる気さえあれば採用する企業もあります。

従来の学歴信仰では、中卒や高卒はどうしても否定的に捉えられやすかったと思いますが、今回はそんな固定観念を取り去ってみたいと思います。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「中卒はヤバい」ってホント? 実際に中卒の私が経験したその後"

posted by hoiku at : 2018.10.19 | コメント (0件) | トラックバック (0) List