| メイン |

2008年02月25日

ニートとは、私権時代の遺物

%E5%AD%90%E4%BE%9B%E7%9D%A1%E7%9C%A0.jpg

最近あまり話題に上らなくなった感もありますが、ニートにもいくつかのパターンがあるようです。

彼らの生態を見つつ、なぜいまのような状態になったのか、そしてどのような意識でいるのかを探ってみました。

続きはポチットしてからお願いします。
     

 にほんブログ村 子育てブログへ

一般的なニートの定義とは…若年無業者のうち、「就職したいが就職活動をしていない」、「就職したくない」人たち…とされています。

一説によれば、およそ5つに分類できるようです。(リンク


①ヤンキー型…反社会的で享楽的

②ひきこもり型…社会との関係を築けず、こもってしまう

③立ちすくみ型…就職を前に考え込む。社会に出るのが怖い。

④つまずき型…いったん就職するも、何か嫌なことがあると辞めてしまい、自信喪失。

⑤学校依存症型…社会に出ず、卒業しても大学院や専門学校などを点々としたり、留学する。

⑤は一般的にはニートとは言われないようですが、就職することを忌避して学校に残っているパターンは限りなくニートに近いと見てよいと思われます。社会に出るのが怖い、立ちすくみ型と言える人もいるとみなせます。
①のヤンキー型とは、活動的ではあるが、就職しようとしないという意味でニートに含まれているとされています。必要があれば就職を恐れないから、一般的なニートからは外れるともいえるようです。
一般的なイメージは、②~④に該当するパターンでしょう。

さて、いまやニートの研究(?)も進み、このような分類もされていますが、彼らが登場したきっかけは、一言でいえば「社会が豊かになったから」。(リンク
かつて、パラサイトシングルとかピーターパンシンドロームといった言葉がありましたが、振り返って見ればまさに彼らはニートの魁とも言える存在。

そして、現代の「ニーティ」の就職に対する意識はどうなっている?
客観的に見れば、冒頭に見た分類があるようにいろいろなパターンがあると思いますが、最後のよりどころは「自分」しかありませんから、概ね以下のような意識に収束していると思われます。


・「自分にあった仕事なら就職する。しかし、今は自分にとって仕事とは何かはっきりしない。自分が納得できる答えが出るまでは就職しない!」

もう少し「自分収束」が進むと…
・「いやいや仕事をしている彼らは何者?かわいそうな存在。自分は、彼らとは違う!!」

しかし、歴史的にみれば、彼らが登場するきっかけになったのは「社会が豊かになった」から。
そして、いつまでも彼らを手元に置くことを受け入れている親の存在。
意識の上で、つまらない仕事(たとえ収入があってもつまらないことはやらない)と否定したとしても、親が働いて得ている収入や資産(家)に守られている存在であることは否定できない厳然たる事実です。

冷静に考えれば、今のような状況を続けることが難しいのは明らかでしょう。
いまや、私権時代は終幕をむかえ、たとえ経済的な豊かさに守られている存在であったとしても、社会的な役割を担っていない、無意味な存在であると白眼視される ようになると思われます。

byわっと

投稿者 wyama : 2008年02月25日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2008/02/480.html/trackback

コメント

②ひきこもり型…社会との関係を築けず、こもってしまう
③立ちすくみ型…就職を前に考え込む。社会に出るのが怖い。
④つまずき型…いったん就職するも、何か嫌なことがあると辞めてしまい、自信喪失。

総じて、「社会不適応」ということですよね。

読んでいて思ったのが、「社会が豊かになった」のにその「社会に適応できない」って、どういうこと?ということです。以前よりも適応しやすくなったはずなのに・・・と思いませんか?

しかし、考えてみると、「豊かになる」ということは「圧力が低下する」ということだと考えましたが、実は、社会の圧力は、「私権を獲得しなければ生きていけない」という私権圧力から、「みんなの期待に応えていかなければ生きていけない」という共認圧力に移行しているだけで、圧力の総和は低下していないと考えられます。むしろ、高まっているのではないでしょうか。

ただし、家庭が密室化し、社会と隔絶されていくにつれて、家庭と社会との間で、圧力の格差が拡大しています。家庭の中だけは、豊かになるにつれて圧力がどんどん低下しています。その低下した圧力の中でのみ育つと、それ以上の圧力には適応できなくなるのは当然のこと。つまり、格差が拡大するほど、社会に出れなくなるという構造がありますね。
 
密室化するほど、家庭は社会から取り残されるということですね。
 

投稿者 toya : 2008年2月29日 22:38

コメントしてください

*