| メイン |

2007年01月23日

サイト紹介 『少年犯罪データ』

未成年の殺人犯検挙人数と少年人口(10~19歳)10万人当りの比率

shounen.gif

未成年による殺人って、戦後急増し、貧困が消滅する1970年前後に激減して以降特に増加することもなく現在に至っているんですね :roll:

 にほんブログ村 子育てブログへ

このデータは 『少年犯罪データベース』から引用させてもらったものです。

管理人のkangaeru2001さんによれば、“現在の完成度は50%程度”とのことですが、少年犯罪に関連し、戦前から現在に至る凄い量の事例データ(各事件の概要)が蓄積されているだけでなく、過去の重要事件の紹介、年齢別、年代別あるいは、キーワード別での分類が試みられています。(大量殺人、 異常犯罪、性犯罪、警官襲撃事件、無免許・盗難車、カーチェイス、学校内、家庭内暴力、リンチ、肉親に対する犯行、通り魔事件、爆弾、銃犯罪、暴力団、暴走族、いじめ、薬物使用、誘拐・人質・監禁、対教師暴力、児童虐待、少女の殺人事件、死刑判決、万引き、自殺、ニートの事件

また、警察庁の統計を元に、罪名別検挙人数、人口比、特別法犯、触法少年(13歳以下)、検挙人数(戦前)、人口比(戦前)、検挙率、少年人口、年齢別殺人率、万引きなどの統計データを整理すると共に、強姦、殺人、自殺統計、嬰児殺(赤ちゃん殺し)と幼児殺人被害者統計、親殺し統計、幼女レイプ被害者統計については、戦前から現在に至る流れを解グラフ化しています。
・・・これを見ると、少年犯罪の多くが、戦後急増し、1970年の貧困の消滅前後に急激に減少し、現在に至る流れがわかります。

『子どもの犯罪被害データベース』では、小学生以下の幼児が被害を受けた事件データを掲載していますが、こちらもわかりやすくグラフ化されています。(因みに、幼女レイプや児童虐待、小学生殺人は、昔と比べて凄い勢いで減っています。)

更に、参考文献の紹介も豊富であり、データベースとして役に立つサイトではないかと思います。
(こうた)

投稿者 kota : 2007年01月23日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2007/01/116.html/trackback

トラックバック(3)

美味しいお話
胎教から6歳までのお子さんをお持ちのパパ&ママへ・・・ 1日10分、家庭でできる、健康で優しくて優秀な子どもを育てる方法です。このような方へおすすめいたします。◆シンプルで効果が高い方法を実践したい方◆お子様へ... ...[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年1月27日

マタニティヨガで安らぎを
胎教として マタニティー・ブルーに象徴されるように、妊娠期は精神状態が不安定です ヨガは心を... ...[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年3月22日

いじめられっ子世にはばかる。
<通り魔>路上で女性刺される 川崎・宮前区 4月6日1時53分配信 ...[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年4月6日

コメント

衝撃!!

少年犯罪って、「増えてる」んだって思い込んでた!!
このグラフ見ると、むしろ減ってきてるじゃないですか!

これもマスコミの影響なんでしょ~ね。
みんなの不安をあおるような状況を自ら作り出してる、マスコミ。ゆ~~る~~せ~~ん~~(怒)

投稿者 かわのん : 2007年1月23日 12:54

『少年犯罪データベース』を見ました。ものすごいデーター量とその事件の詳細情報は、群を抜いています。全て見切れないので、今後も見てゆきたいと思います。しかし、これだけのデーターを収集する目的はなんでしょうか?かなり気になります。動機は?と問いたくなるものです。

もう少し、中身をみて見ます。

投稿者 こん : 2007年1月23日 13:04

動機は?

>少年犯罪って、「増えてる」んだって思い込んでた!!
このグラフ見ると、むしろ減ってきてるじゃないですか!

というコメントが物語っているのでは?

投稿者 匿名 : 2007年2月13日 22:15

コメントしてください

*