| メイン |

2007年01月11日

母親は、家庭の中で孤立している。

Benesse教育情報サイト
第3回幼児の生活アンケート報告書・国内調査

から、母親の子育ての関わりについての調査内容をいくつか紹介します。

まず、ここ10年間で大きく変化している内容として、以下のデーターを見てください。

テレビを誰と一緒に見ているか? :roll:

%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%AF%8D.JPG

1歳、2歳共に、10年間で母親と一緒に見る割合が実に2倍近くにまで増えています。

子供達全体でのテレビの視聴時間は徐々に低下してきているものの、子供達が母親と一緒にテレビ・ビデオを見る時間だけは、3~6歳も概ね同じ傾向で増加傾向にあるようです。

そしてさらに!続きはボタンをクリックしてから読んでね。

 にほんブログ村 子育てブログへ

また、最近の政府の少子化対策・育児支援政策では、子供を預けられる施設の充実等が積極的に打ち出されていますが、実際に母親が子供を預ける相手というのは、祖父母・親戚が8割、父親が5割とほぼ身内に限られている事が解ります。

%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E9%A0%90%E3%81%91%E3%82%8B%E7%9B%B8%E6%89%8B.JPG

では、上記二つのデーターから何が読み取れるか?

私はこの状況から、母親の実情は社会的に孤立している :cry: :cry: のではないだろうか、と考えました。

共働きの増加、女性の社会進出等が目立つ現在、女性の社会との繋がりは一見深まっているようにも見えます。

しかし、子育て中の母親にとって、家庭外の付き合いは文字通り「お付き合い(社交辞令) 」のレベルに留まっており、幼稚園や小学校等を通じて繋がりあう母親間のお付き合いというのは、とても表層的な関係に過ぎないというのが実態である、という事です。

家庭、そして我が子のみへと意識は向っており、近所付き合いは極めて表層的。お互い自己中を温存したままのお付き合いの為、お互いの子育てには踏み込まず、頼りになるのは身内のみ。現代家庭、そして子育て空間は、母子共に社会的引き篭もり状態へと劣化していっている。

そもそも、子育てというのは、次世代の社会人(社会の事を考えられる人)を育てる事にこそ意味があり、家庭から巣立って 一人前に育つ事にこそ、みんなの充足があるはず。なのに、親子共々家庭に引き篭もってしまえば、いつまで絶っても巣立つ事の出来ない子供(のままの大人)ばかりが増えてしまう危険性を孕んでいます。

都市化・核家族化の進行と共に、現代の家庭は生産基盤を一切持たず、それ単独では決して生きていくことの出来ない集団になってしまった。

さらに、最近ではこの流れに拍車を掛けるかのように、父親の子育て参加までもがブームになりつつある様子。誰もが自分第一、家庭第一になってしまったら、誰がこの国を、この社会を運営して行くと言うのだろうか?

「親ばか」という言葉が、我が子を愛する良き両親、のように使われることが増えてきているように思われるが、それは大きな間違い。「親ばか」とは目先の事しか見えていない本当のばか、と捉え直すべき。自己中だらけの世の中にしてはいけない。

本当に子供の事が大事ならば、いかに対象性(相手を想う気持ち)を持たせ、どのように子供達を社会へ送り出してやれるか、を常に考えるのが本当の親(木の上に立って見守る人)の役割ではないでしょうか。

現代の生産基盤を失った家庭では難しいこの状況に対する突破口として、ヒントになる投稿を紹介します。

新しい母系集団は生産集団の中から形成される

みんなで子育て。

を実現する為には、生産 :tikara: と生殖 をみんなで担える基盤= 共同体 の構築が欠かせない条件となる。

現在の制度や規範から、どーすれば共同体の再生が実現するか?

このブログでも、是非みんなで考えて活きたい課題の一つです。

以上、かわいでした。

投稿者 kawait : 2007年01月11日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2007/01/110.html/trackback

コメント

母親が子供を預けたい理由が、私的な場合がほとんどだから、ご近所に預けれないんじゃないのかな。
仕事をしてる人は、自分ちの家計のために子供を預けたいわけだし、専業主婦の人が子供を預けるのも息抜きのためとかが多いんじゃないのかな。おばあちゃんにとっても、自分の娘をちょっと息抜きさせてあげたいみたいなところもあるし。

子供が公園で怪我して、急に病院行く時とか、「下の子見ててあげるからいっといで!」なんて事は良くありましたよ。
学校や幼稚園の役員をしてて、そういう公の用事とかでは放課後から夕方までママ友達が快く「大変だよね。(みんなの為に)ありがとう。がんばってね。遅くなっても気にしないでいいよ。」てナ感じで預かっててくれます(した)。

(無料で)近所や友達に預けにくいのは、預けたい理由にあるのでは。

私もぶっちゃけ、「仕事]を理由にPTAや地域の役割を避けつづける人は『自分の家の収入の為に、他の人に押し付ける事のできる私権の強い自己中な人』と感じるし。
日頃から、自分もきちんと役割を担っていると、手助けてしくれる人はたくさんいますよ。地域によるかもしれないけれど。

投稿者 sashow嫁 : 2007年1月17日 14:38

sashow嫁さん、実態報告ありがとうございます。私の近所でも、この前子供が公園で大怪我をした時に、公園にいた大人の方々が、連携プレーで手助けをして、家まで送って来てくれました。

ただし、あくまでも統計データーが指し示す数値から読み取る限りでは、我が子や家族のみ、といった目先だけに収束していく傾向が明らかにあると思われます。

逆に、家庭という聖域の外で「外圧」を感じ取った場合は、まともな判断の出来る方々もまだまだ沢山居る、という事が解れば、一点の光明という気もしますね。

投稿者 かわい : 2007年1月19日 02:15

コメントしてください

*