| メイン |

2015年06月04日

【コラム☆感謝の杜】~しょうがチューブには生姜があまり入っていない!

生姜って、料理する人は常備しますよね?和洋中どれでもよく使う。家庭料理には必須アイテム。

でも、しょうがチューブも便利。あれ、100円ちょっとで結構量があるし、長持ちする。なんで?

生姜チューブ

子供を健康に育てたい人集まれ!病気にさせない知識と実践集

しょうがのチューブには生姜の他に多くの食材と添加物!! より

無着色!が売りの生姜チューブ。その成分を見ると、しょうが、でんぷん、食塩、デキストリン、ソルビトール、酒精、酸味料、安定剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンC)、調味料(アミノ酸)、香料、香辛料抽出物、となっている。

いったい、「生姜」はどれくらい入ってるんだ?!

 にほんブログ村 子育てブログへ

生姜チューブ成分表

でんぷん、デキストリンはかさ増しの材料。

ソルビトールは発がん性が疑われる物質。

酸味料、香料は一括表示が許されているもので、つまりそれぞれ2種類ずつ以上は入っている。

酸化防止剤のビタミンCは天然由来ではない(メーカー回答)、つまり石油由来ということ。

だんだん怖くなってきた。

生姜

本物の生姜も新聞紙にくるんだりしておけば、結構長持ちするし、余ったりすることは無いし、高いものでもない。

使うときにおろせばいいだけ。それに薄き切ったりみじんにしたりでも使える。

やっぱり、スーパーや八百屋で買う方が良いわ。

 

 

 

 

 

 

投稿者 hoiku : 2015年06月04日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2015/06/4430.html/trackback

コメントしてください

*