| メイン |

2009年08月24日

世界経済危機を乗り越える日本人の可能性-2 @その時各国はどうなる?

0079520070810202553.jpg
この画像は、こちらからお借りしました。

「世界経済危機の乗り越える日本人の可能性-1」の記事を見ると、世界経済の見方が大きく変わってしまいますね。

世界経済は金貸し(の元締め)ロックフェラーやロスチャイルドが、動かしてきたと思っていました。しかし、その背後に「金主」が。どうやら、彼らの胸先三寸で、世界経済は何とでもなってしまう。

そして、彼らが「ドル暴落の引き金を引く」その日も近いとか。一説では、今年の11月とも…。

私たち庶民にとっては、「遠い世界の話」のように感じてしまいますが…。そんなことは、言ってられません。日本人の日常生活をも直撃する「現実世界の問題」なのです。

では、ドルが暴落すると、どうなるのか?

第1回yoriyoriさんの記事にも触れられていますが、おさらいも含めて…。まずは、現在の覇権国家である「アメリカ」を見てみましょう。アメリカ国内の秩序は、維持できるのか…?

気になる方は、 ポチッ してからね。
         

 にほんブログ村 子育てブログへ

ドルの暴落=基軸通貨の暴落。アメリカは、ドルを基軸通貨とすることにより、世界からお金を集めまくる事ができ、その結果消費大国アメリカの繁栄が、保たれてきました。そのドルが暴落する。

当然、アメリカでの経済活動は一気に失速する。結果、失業率はどんどん上昇し、(今でも、カリフォルニア州では失業率が10%ですが)30%・40%になっていくのは必然

加えて、アメリカ人は「蓄えが無い」=貧困層が多い。

瞬く間に、失業者が暴徒化。「強盗」「住宅の不法占拠(今、空き家がゴロゴロしているとか)」が頻発する。
しかも、アメリカ人は「銃」を所持している。暴徒と市民が殺しあう事態も多発するでしょう。そして、事態がエスカレートすると、「軍」が鎮圧に動く可能性が高い。しかし、守備範囲は全土に及ぶ。生半可な対応では、追いつかないのは明白。アメリカ軍がアメリカ人に対して、発砲する。それが連日続く事になる。いわんや、「南北戦争の再来」である。

しかし、人が人を殺めるという本能に反した行為は、そう簡単に続けられることではありません。でもアメリカ人は、ベトナム戦争やイラク戦争のように、「自由と自己責任の国アメリカの正義を守るための戦い=正当化観念」を掲げる事により、数年間は続ける事が出来る民族。「南北戦争の再来」の可能性は高い。

しかし、多勢に無勢。とても秩序回復には向かわない

覇権国家アメリカは自滅する(可能性が高い)。

当然のことながら、ドルの暴落→アメリカの崩壊は、世界中に波及する。貿易の混乱・経済活動の大幅縮小は、全世界共通である。

では、他の国はどうなのか?また、日本はどうなのか?

キーワードは、
--「(脱)覇権国家度」「(脱)貧困度(貧富の格差度)」「本源度」--

過去、覇権国家として君臨してきた「イギリス」「中国」。これらの国は、正当化観念を駆使して、戦争を繰り返してきた国である。加えて、貧富の格差も大きい。失業者の暴徒化→軍の鎮圧……>アメリカの後を追う可能性が高い。

その対極として、戦争の歴史が短く、「縄文体質=本源度」の残る「日本」は、秩序維持できる可能性は高い。近年は、格差の拡大という問題はあるものの、他国に比べ相対的にその差は小さいことも、秩序維持にはプラスに働く。……>秩序維持できる可能性は高い。

そういう視点で見てみると、貧しいながらも本源性(規範性の高さ・市場依存性の弱さ・原始的な生活風習の維持等)が守られてきた「イスラム圏の国々」は、日本に次いで秩序維持できる可能性が高いと思われる。

ヨーロッパ・ロシアあたりは、その中間。欧米支配の歴史・まだ貧困の続くアジア・アフリカは、かなり危険性が高いと想定される。

しかし、現在の日本の状況を俯瞰すると、本当に大丈夫なのか?社会秩序混乱の引き金になりそうな現象が、いろいろあるのも現実。

それらも含めて、「本当に日本は大丈夫なのか?」気になりますよね。それについては、次の投稿にて…。乞うご期待。

ドル暴落後の世界各国のシミュレーション、くわしくは下記をご覧下さい。
09夏なんで屋劇場ノート3「アメリカ崩壊、その時、アメリカ人は殺しあうのか?」
09夏なんで屋劇場ノート4「アメリカ崩壊後の世界、秩序が維持できるのはどこか?」

投稿者 hajime : 2009年08月24日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2009/08/912.html/trackback

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
xStqRCTM

投稿者 相互リンクのご依頼 : 2009年8月24日 21:29

xStqRCTMさんへ

相互リンクのご依頼、ありがとうございます。
サイトを見させて頂きました。

相互リンクは、ありがたいお誘いなのですが、カテゴリーを見ると、私共のブログ内容にうまくマッチするカテゴリーが、見あたらないようです。

家庭環境や教育課題に関するカテゴリーが開設されたおりは、是非お誘いください。

投稿者 hajime : 2009年8月25日 17:54

コメントしてください

*