| メイン |

2007年11月05日

またか!Σ( ̄ロ ̄lll)10代 No.6~昭和35~45年の事件~

sashowさんの『昭和初期(戦前)の事件~』、sachiareさんの『昭和20~35年の事件』、に続いて、今回は昭和35~45年に起こった“親殺し事件”について事例検証をしてみます。
前回に引き続き『少年犯罪データベース 肉親に対する犯行』をベースに見ていきます。詳しくは同サイトを見てください。
昭和35~45年の親殺しの特徴は、
1.35~39年に比べ、40~44年は母親殺しの割合が増えてくる。

2.1と関係するが、受験の失敗、勉強しなさいという叱責などをきっかけとして、母親あるいは父親を殺害するケースがよく見られるようになる。

3.ノイローゼ、心神喪失状態にあったという表現がよくみられるようになる。(特に勉強、勉強と言われていたケース。)

4.不可解な理由が増える。小言を言われたから、結婚反対された、事業のことで意見が合わなかった、食事の用意ができていなかった等。

5.我侭し放題の息子の自我肥大
裕福な家庭で我侭に育ち、働かずに遊び歩いていたのが、金ほしさに殺すというケースもあり。

以下に、(これは殺人事件についての分析ではないが、)昭和42年の朝日新聞の記事を引用します(上記、「少年犯罪データベース 肉親に対する犯行」より引用)。子供たちが『おかしく』なってきたことがよく分かります。

ランキングに参加しています。応援お願いします。

 にほんブログ村 子育てブログへ

昭和42年(1967).9.9
〔わが子がこわい 警視庁の少年相談所に急増 母親をなぐる、ける 外ではよい子なのに 朝日新聞引用〕

外ではよい子なのに、家の中では母親に乱暴をする少年がこの春ごろから目立ってふえてきた。顔や身体にアザやコブをつくって、警視庁少年相談所を訪れる母親、同所の相談の3分の1はこうした乱暴少年のケースだという。

その1人、杉並区の母親(43)の訴え――長男A君(16)は、都立高1年生。昨年秋ごろから家の中で突然暴力を振い出した。出前のラーメンをどんぶりごと床に投げつけたり、晩ご飯では食卓ごとひっくり返したり、花びんや灰皿を投げつけたり、母親の返事が気にいらないと「バカヤロウ」呼ばわりの悪態をつき、なぐるけるの乱暴。

しかし学校では、粗暴な振まいは全くなく、性格に暗いところもない。学校の成績はクラスで上位、同級生の受けもいい方。この家族は会社社長の父親(44)、中学1年の妹(13)、小学5年の弟(10)の5人暮らし。

こうした少年に共通するのは高校1、2年生で、中流家庭の長男、学校の成績は上位、家庭外での非行歴ナシといったところ。心理学者のなかには「戦後、家庭における父親の権威が失墜したこと、しつけや道徳教育の不在」に理由を求めたり、「思春期特有の反抗現象の極端なもの」と説明する。直接面接指導しているカウンセラーたちは「これまでの教育心理学や児童心理学では説明できない。かといって精神病者ほどではない」と首をかしげている。乱暴され片目を失明した母親さえいる。
(朝日新聞 昭和42年9・9)

次の仲間にバトンタッチして、引き続き時代を追って“親殺し”の特徴をまとめていきます。
 乞うご期待 !! :D

投稿者 fwz2 : 2007年11月05日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2007/11/384.html/trackback

コメント

ちょっと質問。
1.~35年は父親殺しが多かったが、昭和40年を越えるころから次第に母親殺しの割合が増えてくる。
全体数で何%から何%に増加したのでしょうか。興味深い分析です。

投稿者 匿名 : 2007年11月5日 22:00

コメント有難うございます。

まず、先の投稿に表現の間違いがありました。35年~39年に比べ、40~44年は母親殺しの割合が増えてくる。

と修正させていただきます。

データはエントリーで引用した「少年犯罪データベース 肉親に対する犯行」から拾いました。それによると親殺しに関しては、

35年~39年:父13、母2で、母13%
40年~44年:父10、母4で、母29%
(両親とも殺害されたものはそれぞれ1とする。)

また、先のsachiareさんの投稿では~35年は父親殺しが多かったとの記述がありましたので、大きな傾向かと推測しました。

昭和40年(1965年)を超えると高度経済成長期も後半を迎え、豊かさが実現されつつあります。家庭内での子供への影響力も次第に母親へと移っていく時代か?と考えられます。

投稿者 fwz2 : 2007年11月6日 23:35

>家庭内での子供への影響力も次第に母親

なるほど。
父親は仕事で家庭を顧みず、母親が勉強勉強と子供を追いつめていく構図ですね。

投稿者 匿名 : 2007年11月6日 23:53

コメントしてください

*