| メイン |

2007年01月07日

子供の自殺や殺人の理由って、一体何なの??

%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%EF%BC%92.gif

こんにちは :D
これまで、色んな観点からの子供の「いじめ」や「殺人」に関する投稿があったので、今日は「じゃあ、子供達は一体、何が理由で自殺したり殺人を犯してしまったりするんだろう? :roll:という辺りを、少しだけ紹介してみたいと思います

っとその前に、
ランキングに参加してます ポチっ とヨロシクね

 

 にほんブログ村 子育てブログへ

日本のこどもたち」の中の「いじめ・恐喝・リンチなど生徒間事件」より、紹介したいと思います

理由の中身って、一体なに??
主な理由を取り出してみると、以下の3点が多い事が分かりました

①(力の)暴力
②お金
③言葉

では、一つずつ見てみましょう :roll:

①(力の)暴力
このサイトでは、1960年~2000年を対象にしていますが、「殴られた」「蹴られた」「暴行を受けた」などの身体的暴力は、どの時代にも一貫してあったように思われます。

次に、②お金はどうでしょうか? :roll:
「お金を要求された(せびられた)」「お金を無理やり取られた」「万引きを強要された」等の理由がありますが、これもどの時代にもあった感じがします。

ただここ最近は、この理由で自殺したり殺人を犯したり・・・ということは、若干減少傾向 にあるようにも思いますね

では、最後の理由、③言葉に関しては、どうでしょうか・・・?? :roll:

実は、1960年代~2000年代にザッと目を通してみると、1990年以降から、自殺の理由にこの「言葉」が増えているのが分かります

例えば「あだ名」
少し上の世代の人 に聞いてみると、その人達の子供時代にも当然、「あだ名」は存在していたようです。
が、あだ名で呼ばれたからと言って、別に腹が立つわけでもなく、当然「死にたい・・・」などと思うはずもなく、むしろ親しみがこもってる のが伝わってくるから、全く気にならなかったそうなんです

それが今ではどうでしょう・・・?

昔なら全く気にならなかったはずの「あだ名」でさえ、今の子供達にとったら、充分すぎる程の自殺の理由になっているのです :shock:

もちろん「あだ名」だけじゃあありません。
様々な言葉の暴力。それらが全て、今の子供達には深いキズとなってしまうのです・・・

何で、昔に比べて子供達は、言葉に過剰に反応するようになったのでしょうか・・・??
今後、もっと詳しく分析して行きたい所ですね :tikara:

(BY yukarin )

%E8%87%AA%E5%88%86%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A7.jpg

投稿者 yukarin : 2007年01月07日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2007/01/103.html/trackback

トラックバック(1)

雑貨としあわせタイム
今日という日(いじめや自殺や政治) 『あなたが無駄に過ごした一日は、昨日死んだ人がどうしても生きたかった一日である。 ...[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年1月18日

コメント

このサイトの情報とは全く逆ですが、昔の方が未成年の殺人も多いし、強姦も昔の方がずっと多い。
最近の若者はとても平和になって、子供が犯罪に会うこともずっと減りました。

なぜ昔の方が未成年による犯罪が凶悪だったのか、調べて欲しいです。

投稿者 匿名 : 2007年1月9日 10:26

<昔の方が未成年の殺人も多いし、強姦も昔の方がずっと多い。

という事が解るデーターなり事例があれば、是非教えて下さい。

最近は、マスコミの扱い次第で事件の注目度が大きく左右されるので、実際のところ、犯罪件数は減っていても最近の事件の方が大きく(大袈裟に?)扱われる事が増えているのは何でか?と考えたほうが良いかも知れませんね。

ただし、直感レベルでは、昔の犯罪には「反のエネルギー」が大きく絡んでいたように思います。反抗の対象が、沢山あった。

しかし、今や反抗するものも大して存在しない≒平和になったにも関わらず、イジメや身内殺人が絶えないとしたら、その理由は何か?を追求する事も、やはり重要だと思います。

投稿者 かわい : 2007年1月9日 12:12

<昔の方が未成年の殺人も多いし、強姦も昔の方がずっと多い。

という事が解るデーターなり事例

http://kangaeru.s59.xrea.com/

投稿者 匿名 : 2007年1月9日 21:13

事例紹介ありがとうございます。
こうして眺めると、確かに昔から未成年の絡む凶悪犯罪が多いことは確かなようですね。
現在と比べて、どちらがより凶悪か?という比較は難しいにしても、昔に比べて庶民の豊かさが実現した現代の方が、犯罪に対する注目度がより高くなる、という事は説明できそうです。

また、紹介頂いたサイトのデーターによると、戦後から高度経済成長期に掛けて犯罪件数が急増し、1970年総中流化以降は、安定に向っている、とも言えます。

問題は、一度安定に向ったにも関わらず、現在秩序の崩壊を思わせるような事件がまた再発しているのは何故か?
という事になるのではないでしょうか?

ブログ会員による分析に期待!みんなで考えましょう。

投稿者 かわい : 2007年1月12日 17:31

>昔に比べて庶民の豊かさが実現した現代の方が、
>犯罪に対する注目度がより高くなる

全く同感。
普通の若者はほとんど人殺しや凶悪犯罪をしなくなったのに、いまだに人殺しに走るような化け物が注目されているのだと思います。

投稿者 匿名 : 2007年1月15日 10:24

失礼します。
      Googleにて拝見 
    
 「イジメ撲滅」のご案内
       ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/    

投稿者 あだち : 2008年6月25日 14:54

コメントしてください

*