| メイン |

2006年09月28日

「テレビ脳」と「マスコミ支配」

今日は、テレビの問題と合わせて、政治問題を取り上げます。
TVf.jpg
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

 にほんブログ村 子育てブログへ

大人は完全なテレビ漬けです。

◆性別・世代別1日当たり平均メディア利用時間(平成16年、利用者平均)
平成17年版 情報通信白書より

jikan.jpg

こうなると、何が問題か?

当人の思考力が衰弱するのは己の責任とも言えるのだが、、、

恐ろしいのは、(自らの頭で考えることをせず)マスコミの偏向報道に乗って誤った社会世論を形成してしまうことではないかと思う。すなわち、「官邸・マスコミの世論支配=ファシズム」を支える、染脳(テレビに脳を染め上げられた)ロボットが大量生産されてしまうことではないか。

先の小泉総選挙(郵政民営化)もそうだが、今回の自民総裁選→安倍内閣誕生も、マスコミ支配の結果と言わざるを得ない。以下、森田実氏の論考を読まれたし。

【森田実の時代を斬る】 
***********************(以下引用)***********************
 今回の自民党総裁選の過程をよく見ると、マスコミは初めから「人気の安倍」「支持率の高い安倍」を宣伝しつづけ、安倍総理総裁への流れを既成事実化した。
 マスコミのやり方は、まず「安倍人気が高い」という報道を徹底的に行い、国民の意識の中に「安倍氏の国民人気は高い」という考えを植えつける。その上で「世論調査」の数字でそれを裏づける。全マスコミが同様の世論調査の数字を繰り返し報道し、人気の高さを既成事実にしてしまう。その頃には、ポピュリズムにどっぷり浸かった自民党議員が安倍支持の運動を起こす。
******************************************************
マスコミ各社によれば、安倍新内閣の支持率はかなり高いそうである。
読売:70.3%  
日経:71%  
・共同通信(中国新聞ニュース):65.0%  

マスコミ支配はここまで進行している。
今から50年前、大宅壮一氏はテレビ時代の到来を「一億総白痴化」と危惧したが、その予言やいかに?

iwai

投稿者 staff : 2006年09月28日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2006/09/16.html/trackback

コメントしてください

*