| メイン |

2017年11月23日

日本にはびこるいじめ、ハラスメントの根幹に学校制度がある。

いじめが社会問題化したのは1980年代から。その後現在まで解決することなく毎年ニュースになっています。そしていじめ問題は学校にとどまらず、○○ハラスメントなどといって社会に出てからも広く見られるようになりました。

国、自治体、教育委員会、学校、教師たちも「いじめ撲滅」を宣言し、多大な努力を払ってもなくならないいじめ。大人になってらも続くいじめの構図。

いくら対策を立てても根絶できないということは、この間ずっと変らない、手をつけられていない根本原因があるからとしか考えられません。

今回は学校制度といじめの関係を考えて見ましょう。

 にほんブログ村 子育てブログへ

以下(http://homeshoolclub.blogspot.jp/2017/11/blog-post.html)より引用します。
———————————-
いじめを考える

いじめはいつでもどこでもあるわけではない。いじめは基本的にその場を逃れられない状況でしか起きない。息子がいまいるスクールでいじめはあるかと聞くと、「からかわれることはあるが、いじめは聞いたことがない」と答えた。

日本では学校でも会社でもいじめがあふれている。サービス残業もブラック企業も同じだ。学校の先生も学校からいじめられているし、ニートやフリーターは日本社会の弱者へのいじめと取れないことはない。その根源に学校制度の歪が潜んでいる。

先ず学校制度、そして教師、さらにクラス、最後にいじめることいじめられる子と解決しないと、表面を糊塗しているだけで解決には至らない。しかし、一般にマスコミや保護者からはいじめることいじめられる子の間の矮小化した問題とされることが多い。
実際に子どもの自殺では、いじめがあったか否かの点が問題になっているが、主たる原因はいじめより学校の方がはるかに多い。

必ずしも楽しいとは思えない勉強を否応なく強制された子どもが、学校嫌いになっても親から登校を強制され、逃げ場の失った子が自分より弱い存在に鬱憤を晴らす行為がいじめであると理解している。
この構造は学校と教師の間にも存在している。サービス残業を強いられ、成績不良の責任を負われる教師は、露骨に「指導死」まで至るのは論外だが、多くは授業についてこれないまたは邪魔になる子どもの存在に対し、不快感を感じる。それを敏感に感じることができる子どもが「いじめてもいい存在」として先生の代理としていじめに走る。これがいじめの本質だと思う。
子どもは大人と同じでそれぞれが個性的であり、先生の意図通りできない子と、先生の意図を敏感に感じてそれに雷同してしまう子がいる。さらにはそのいずれでもない子は傍観者になる。ごく例外的にいじめを止めさせる子もいるが、それは先生の意図と異なるため、いじめられる側になることが多い。

つまり、学校と教師が意識的か無意識化はともかく、いじめを構成する主たる要素になっていることに、無自覚なことがいじめが解消しない最大の問題である。

私は小学生時代は勉強をせずに遊んですごし、そのため小学校は保育園として子どもたちを見守ることに徹し、聞かれたことには適切に指導するが、本人の好きに過ごさせた方がいいと考えている。
そうすると多くの子は一緒に遊ぶことに夢中になる。遊びはコミュニケーションと創意工夫の宝庫だ。遊ぶためには協調性が欠かせないし、そのために主張することと妥協すること、相手の所作の先読みをすることを学ぶ。
一方的な授業と違い、試行錯誤を思う存分できるから、ものごとの本質を理解できるようになる。独創性は机上の空論ではなく、本質からのみ生まれるのだ。
また年齢を超えて遊ぶことで、幼くて一緒に遊べない子にも役割を振ってあげるような思いやりを持つようになる。そこではいじめは発生しようもない。これは江戸時代の寺子屋と同じである。

教育の遅れを心配する人もいるが、16歳まで全く勉強せず遊び惚けてて、漢字が読めず、足し算もあやしい子どもが、ある日大学に行きたいと言い出し、半年間集中して勉強して高認を取得し、余裕で希望する大学に入学した例も実際にある。大人になって16歳まで文字が読めなかったと言ってもだれも信用してくれないそうだ。

いじめを受けたら、学校から逃げることを薦めるコメントに対し、逃げると教育や学歴で不利になるというメッセージをよく見るが、もはや学校の教育は時代の趨勢にとり残されている。次の時代に大事なことは自ら考えだして、他人と協力して事に当たることで、知識ではない。そのいずれも学校では否定されていることに思いを致すべきだ。

今の学校は寄ってたかって、勉強嫌いを作り、自信を喪失させるために先生が苦労しているとしか思えない。

いじめは吹き出物であり、塗り薬は役にも立たない。その真因は内臓疾患にある。
———————————–
学校制度、制度に基づく学校と教師がいじめを構成する主たる要素になっている。
とすれば、その当事者の本質が変らなければいじめ問題が解決しないもの当然です。

明治以降150年間続いた学校制度。いよいよもってこの旧態依然とした制度を根っこから変えていかなければならないのだと思います。

投稿者 hoiku : 2017年11月23日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2017/11/5899.html/trackback

コメントしてください

*