| メイン |

2017年02月09日

ミニ保育所の可能性7~都市部では既に無くてはならないものに

ミニ保育所、どの程度普及しているのでしょうか?

近畿圏のミニ保育所普及状況を行政の案内板から探してみました。どこも、入所希望は行政で一括して受け、配分しているのですね。

実は、私が住んでいるマンションの1階にもミニ保育所があり、リストにあるのを見つけてなんとなく嬉しくなりました。

ミニ

 

 にほんブログ村 子育てブログへ

■大阪市

大阪市 地域型保育事業 一覧

各区毎 1~10ヶ所

■京都市

京都市内の保育園(所),認定こども園(保育園部分)及び小規模保育事業所等の情報一覧

各区毎 3~15ヶ所

■神戸市

神戸市小規模保育事業事業所一覧

各区毎 1~17ヶ所

http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1147922344563/

奈良市保育所・地域型保育事業 一覧表
地域型保育事業  5ヶ所

関西3大都市だけになりましたが、その他の、例えば奈良、和歌山になるとほぼ出てきません。やはり、大都市での需要が大きいようです。

既に、都市部では無くてはならない生活のインフラになっているのですね。今後、必ず、東京都のように3歳年齢制限撤廃の動きが出てくると思います。

投稿者 hoiku : 2017年02月09日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2017/02/5402.html/trackback

コメントしてください

*