| メイン |

2009年08月30日

これを読めば時代がわかる!最新版~潮流1:共認原理と私権原理

W020061109445390420665.jpg

2009年 08月 28日のロイターによると、「7月完全失業率は5.7%に上昇、過去最悪を更新=総務省」。日本の企業の多くが、生産能力などに余剰を抱え、雇用調整がさらに進む恐れがあるようです。勤勉な日本人が一生懸命生産力を挙げてきた結果が、余剰生産→人減らしとなっているなんてなんだか、残念な話です。

失業が他人事でなくって「もしかしたら、うちのお父さんも☆」なんてちょっとでも思うと、不安にも駆られちゃいます。どんなにのんきに暮らしている人でも、「これから日本はどこに向かうのか?」という所に興味わく時代なんじゃないでしょうか。

そしてそこを、捉えるには、まず、過去どのように人類が適応してきたのか?をおさえる事で見えてくるようです。人類500万年の歴史を俯瞰した記事を紹介します☆
『潮流1:共認原理と私権原理』(リンク

続きを読まれる前にポチっとよろしく☆

 にほんブログ村 子育てブログへ


人類500万年を貫く統合原理は、共認原理である。事実、人類は500万年に亘って課題を共認し、役割を共認し、あるいは規範や評価を共認して存続してきた。そして、個体(の意識)や集団や社会は、人々が、それらの共認内容に強く収束することによって、統合されてきた。又、そこでは、集団を破壊する自我や性闘争は、永い間、封印されてきた。
(注:この共認収束→共認統合を可能にした共認機能は、サル時代に形成された機能である。従って、正確にはこの共認原理は霊長類3000万年を貫く統合原理である。詳しくは、実現論・前史実現論1_4_01 を参照。)

しかし、1万数千年前頃から人口が増大し始め、それにつれて集団間の軋轢も増大してゆく。やがて、その緊張状況に対応して、人々は自集団を正当化する守護神信仰に強く収束してゆく。こうして集団的自我が発現し、永い封印が解かれてゆく。

rebecca.jpg
そして遂に6000年前頃、乾燥と飢餓を契機として略奪闘争が開始され、玉突き的に世界中に伝播していった。こうして、5000年前頃には、人類最初の武力支配国家が成立する。(注:日本は1800年前頃で、はるかに遅い=権力支配の期間が短い。)

力の原理に貫かれたこの社会は、序列原理によって統合される。それが身分制度である。この力の序列原理は、性闘争を止揚する統合原理で、哺乳類やサルに一般に見られる統合様式である。しかし、人類社会は、力の原理だけで統合される訳ではない。力の序列は極めて不安定であり、すぐに崩壊する。人類社会は、人々が力の序列を共認し、それを言葉化した「身分」を共認することによって、はじめて安定的に統合される。つまり、この社会は、力の原理を追共認することによって秩序化されている。

louvre3.jpg
この序列社会では、当然、力に応じた私権(私有権)が共認される。そして、私有権が共認されると、社会の全ての物財は(女も含めて)悉く私有の対象となり、人々は私権を確保しなければ生きてゆけなくなる。つまり、私権の共認は、否も応もない私権の強制圧力を生み出し、万人を私権追求の主体に改造してゆく。
実際、この序列社会の活力源は、女や財や身分を追い求める私権欠乏であり、誰もが私権を求めて争う私権闘争である。
従って、序列統合の社会は、誰もが私権(の獲得)に収束することによって統合された、私権統合の社会であると云い換えることもできる。

もちろん、日本も例外ではない。日本人は、2000年前まではもちろん、それ以降も、あまり激しい略奪闘争を経験しておらず、本源的な縄文体質を色濃く残しているとは云え、奈良時代以降は立派な序列統合社会=私権統合社会に改造されている。

******************************************
序列上位にいかなくては生きていけない…ってみんな真剣に思っていた背景には、何をするにも私権が必要な社会だったからなんですね☆

現代に至っては、部長、課長なんて役職もずいぶん軽視されていて、それだけ豊かになったということなんでしょうね。

不景気不景気といわれていても、5000年前ごろの貧困の圧力とは比べ物にならない程度のもの、当時みたいに武力支配に向かうなんて事は考えられない。むしろ、人類500万年を貫く統合原理が、共認原理ってことが可能性☆って感じました。

投稿者 shijimi : 2009年08月30日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2009/08/921.html/trackback

コメント

日本が長い間、あまり激しい略奪闘争をせずに過せた理由に興味を持ちました。

早速、仲間達と調べてみます!

投稿者 かわい : 2009年9月3日 19:11

共認原理に基づく共認は、仲間関係、仕事、社会勉強の場など、現在ではさまざまなところで形成されています。

しかも、みんなで可能性発のやりのりが生まれるので、活力も高まります。

私権が衰弱したことで、廻りは閉塞しているように見えますが、実は今すごく可能性ある時代にいるんですね。

投稿者 KKK : 2009年9月3日 19:12

かわいさんコメントありがとうございます☆
>略奪闘争をせずに過せた理由
私も気になります☆仲間と調べてくださるんですか~!楽しみにしています☆

KKKさんもありがとうございます☆
確かに、閉塞と見ると閉塞の状況認識できる事象はたくさんですが、可能性と見ると違いますね☆それが新認識なんだな~って感じますね☆

投稿者 shijimi : 2009年9月5日 01:16

コメントしてください

*