| メイン |

2008年11月22日

なぜ、今、婚活なのか?~いろいろと探索~

書店で、見かけた気になる一冊。
%E5%A9%9A%E6%B4%BB%E6%99%82%E4%BB%A3.bmp

2、3年前なら迷わず、買っていたかも!? 
えっ。えっ。  (と一人突っ込みを入れて・・・・)
気にはなるが、読んではいないので、この本についての言及は置いておいて、
ネット探索してみると、
出てくる。出てくる。

今の社会情勢を考えると、確かに“婚活”必要なのかも・・・・・・・

続きを読む前にポチ・ポチ応援お願いします。

 にほんブログ村 子育てブログへ

●状況認識
・未婚率、晩婚化は年々進んでいます。
未婚化・晩婚化

『未婚化』
1970→2000年の間に未婚率は
女性25~29歳・・・18%→54%へと3倍
男性30~34歳・・・12%→43%へと3.6倍
未婚化の進行 

『晩婚化』
1970→2000年の平均初婚年齢をみると
女性・・・24.2歳→27.0歳へ2.8歳UP
男性・・・26.9歳→28.8歳へ1.9歳UP
晩婚化の進行

●なんで?
恋愛結婚・見合い結婚の構成データー

%E8%A6%8B%E5%90%88%E6%81%8B%E6%84%9B%E7%B5%90%E5%A9%9Ad-marriage.gif

お見合い、ましてや許婚なぞ、過去の話です。
自分で見つけるしかないのです。

誰もが結婚する“皆婚時代”は、とうの昔のことです。

●(じゃあ、)どうする?
自分で見つけるヒマもなければ、出会いも無い。
そう、いわゆるお見合い相談所へ。

あれ、何か変?

市場社会に、しっかり乗っている(しかも、しっかり高い)。
潜在思念をくすぐる、うたい文句がズラリ。
危機感をうまく煽りながら・・・・
(結婚相談所の類のHPは、いくらでも、見つかるので、詳細はそちらで)

そも、そも、なぜ結婚したいのか?
実は、ここが一番ぐらついている。

皆婚時代は、「なぜ、結婚するのか?」なんて露にも思わず、結婚するのが当たり前だった。

数年、数十年前までは(人によっては今でも)、“結婚して一人前”。
結婚できないのは、
・男であれば、甲斐性がない。・・・・・・ツラ~イ。
・女であれば、女としての魅力がない。・・・・・ヒド~イ。
などと言われていたが、そんな風潮は今ではすっかり薄れている。

残るは、世間体?
親から、「早く、結婚しなさい!」「近所から、もうそろそろですよね?何て言われているのよ!」
何て言われても、何の圧力にもならない・・・・・。
唯一、あるとすれば、
「孫の顔を(早く)見たいわ・・・」
・・・・・・・・
『○○家も、僕の代で途絶えてしまうのか・・・・・』
と、思うと、どんより響いてくる。

確かに、当ブログでの
家族が社会の最小単位のウソを解き明かした本~『親子という病』より

〈果さなければならない4機能〉
「核家族の担う4つの機能として①性機能②経済機能③生殖機能④教育機能がある。それらが核家族が果さなければならない機能である。」

①性機能→×
②経済機能→×
③教育機能→×
④生殖機能→○

唯一、④生殖機能だけが、○になっている。
子供を生んで、育ててて、

一方で、
「旦那は要らないけれど、子供は生みたいわ~」という、女性たちの声に
男性陣が、焦りを感じた時代もあった。

なぜ、今、婚活なのか?

少し、ブログを紹介

独身のメリットとデメリット

その「私は結婚しちゃったから~♪」的な言葉が私の胸に突き刺さるのです!!
えぇ。独身ですとも。自由ですとも!
でも、私には誰も守ってくれる人がいなくてよ!!

結婚したあなたには「主婦」OR「会社員」という選択肢があったけれど、
わたくしにはそんな選択肢はございませんの。オホホ・・・。

どうせこのまま心の安定が得られることなくこの先も一人で生きていくのよッ。

と、こちらがひがんだ気持ちになるのです。
・・・これって私だけ!?

結婚する相手にも拠るのでしょうけれど、
心の安定が得られないのが独身であるデメリットだと私は思います。

発言小町

29歳なのに「結婚に興味がない。なぜだろう」と考えた結果「彼との結婚生活に先がみえない」からでは?

三十路彼ナシ独女が結婚するまで日記

最近強烈に思います。
結婚したい

この気持ちはなんなんでしょうね?

世間体?→no!
早く子供が欲しいから?→no!
寂しいから?→yes!かなぁ・・・

そして、こんな、涙ぐましい努力までして。。。。。

婚活13年...。行き詰まりました。

断られたときは自分のなにがいけなかったのか考えて以下のことをこころがけてきました。
・ネガティブな言葉は使わない(物事や人物の批判はしない。)
・服装は紺のスーツ又は上着は黒(173cmで体重が80kg近くあるので引き締めて見せるため)
・会話は相手の話を聞くこと中心にする。相手がそれほど会話が多くない場合は相手の話にからめて話題を広げるようにする。(時には質疑応答になってしまいますが...。)
・自分の趣味(ドライブ、登山、釣り)は相手から合意がない場合は無理に誘わない。
・自分の職業はSEです。知っている人からすると「理屈っぽい」と敬遠されるのでプロフィールカードには「会社員」と書く。(ほとんど知っているひとはいませんでしたが)

切実な思いが・・・・・
(つづく)

投稿者 sodan : 2008年11月22日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2008/11/687.html/trackback

コメントしてください

*