| メイン |

2007年07月09日

子供の虐待が増えたのは何で?(2)~「自分の子供」という意識~ 

saru.jpg

親の子供に対する「虐待」のほとんどは密室家庭の中で行われるために、家庭の外からはその実態を把握することが困難だと言われています。また、親が虐待するのは決して他人の子供ではなく自分の子供ですよね。

自分がお腹を痛めて産んだ子供を何故虐待できるのでしょうか?

続きの前に、いつものお願い!

 にほんブログ村 子育てブログへ

普通の親(大人)であれば、子供に対する虐待行為そのものが悪いということは当然理解できると思います。だから、いくら他人の子供が悪さをしたとしても虐待に至るような意識になることはないと思います。逆に自分の子供のように叱ることも躊躇するほどではないでしょうか。

じゃあ自分の子供は?

もちろん自分の子供に対しても、冷静に考えれば(考えなくても)虐待はよくないと思っているはずです。それなのに自分の子供には虐待してしまう。。。

「自分の子供は自分のもの」

そんなの当たり前だと言われるかもしれませんが、そこにこそ問題が潜んでいるのだと思います。

自分の子供は自分で育てるのが当たり前だと思っていませんか?だからつまづいても相談できる相手はいないと思い込んでしまうし、不安も大きくなるのでしょう。家庭には夫々事情があるから他人の子供(子育て)には干渉しちゃいけないと思っていませんか?それは自分の子供に対して他人に干渉してほしくないと思っているからです。

これが家庭を周り(社会)からの圧力を排除した聖域にさせ、その中で子供を囲い込んでいる実態です。社会の圧力を遮断した中で行う子育てはどうなるかといえば、親の意識だけに頼るしかありません。悪く言えば親の好き勝手で子育てできるともいえます。「虐待」とはそんな空間だからこそ生まれる問題なのです。

>子供は生まれた瞬間から、社会の一員だと思う発想が大事なのではないかと思います。社会の中にいる、みんなの中にいる、自分ひとりではない。だから「自分のもの」などというものは、本来はないはずだと思います。るいネットより)

「子供は社会のみんなのもの」

子育ての役割は、子供を社会に送り出すためにあるという意識の転換が必要なのだと思います。

投稿者 hiroaki : 2007年07月09日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2007/07/276.html/trackback

コメント

> 自分がお腹を痛めて産んだ子供を何故虐待できるのでしょうか?

一般的にそのように言われますが、その前提に疑問があります。

近年は、帝王切開や無痛分娩という、昔ほど「お腹を痛めることのないお産」が選択されるケースが増えています。
つまり、母性を培う経験が乏しくなっているのですね。(陣痛時の、それを緩和するために分泌されるホルモン物質が母性の基盤)

それは、子どもを育てるという意識の希薄化→育児放棄(ネグレクト)の要因のひとつになると思います。
「みんなの子ども」とも「自分の子ども」とも思えない女性が育てるのは・・・。

投稿者 ふくしょー : 2007年7月14日 20:20

コメントしてください

*