| メイン |

2020年09月17日

外遊びと脳回路6~脳育てが動物の基本

続きです。まずは体と体の脳をしっかり育てること。部屋に閉じ込めてお勉強なんてもってのほかです。動物としての体と脳を育てること。それが人間としての脳の性能を引き出すベースとなるのです。

母子健康協会

 子ども達の脳と体の発達

どんな動物の脳もからだの脳育てから

では次に、子どもの「からだの脳」をしっかり丈夫に育てるためには、大人は何をしなければならないかを述べましょう。からだの脳は五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)から脳に入る刺激を繰り返し受けることで育ちます。中でも最も大切な刺激は、「太陽のリズムに従う」生活です。具体的には、太陽と共に目覚め、夜は太陽が沈んだら寝付いて、十分な睡眠時間を取ることを毎日繰り返すことです。そうすれば自然に朝から空腹を感じて食事をバランスよく摂れ、筋肉を大きく動かして運動することができます。この脳を最初の五年間でしっかり作るために大人が心がけることはただひとつ、とにかくまずは子どもをしっかり早起きさせることです。太陽の光を毎朝繰り返し視覚で刺激することから、すべての脳作りが始まります。

遊び6どんな動物も、生まれ落ちた日から太陽のリズムに従って生活を始めてからだの脳を育てます。動物で、もしこの脳が育たなければ大変です。起きるべき時に起きられず、空腹を感じないために狩りにもいかず、餌を食べずにいたら動物はどうなるでしょうか?そう、すぐに生命が途絶えてしまいます。人間も動物です。まずは動物として生命を維持する機能をしっかり作らなければ、いくら「お利口さん」でも生き延びることができないのです。

 にほんブログ村 子育てブログへ

最初の数年は大人が我慢して生活リズムを徹底しよう

大人の都合に合わせて夜遅くまで外に連れ歩かれている乳幼児や、幼児期から塾だおけいこだと夜まで出歩いて就寝時刻が遅くなる子どもたちは、本当に不幸です。今まさにからだの脳を作っている最中の子どもの生活を太陽のリズムから遠ざけてしまうことがいかに恐ろしいことか、大人は知るべきです。育児で最も大切なポイントとは、最初の5年間の大人の我慢と根性だと私は考えています。遊びたい(もしくは遊ばせたい)、テレビを見たい(もしくは見せたい)、もう少し仕事をしたい、と考えがちな大人たちこそがまず我慢して、何が何でもとにかく子どもを8時までには寝かせる、そして朝は7時までには起こす、ということを根性で優先していただきたいのです。それ以外は、生きてさえいれば大丈夫です。そう考えると、お風呂に入らなくても死なない、絵本の読み聞かせは省略しても死なない、でもご飯は食べないと死ぬ。ただし、手の込んだご飯ではなくても、死にさえしなければOK。じゃあ今晩は納豆ごはんで済ませて、とにかくさっさと寝かそう!そんな思考回路を大人が持つだけで、子どもの生活は簡単に変わります。極めてシンプル、そして大人にとっても、子育てが早く楽になるための方法なのです。なぜなら、繰り返しの刺激を与えてからだの脳がしっかり頑丈に出来上がれば、5歳を過ぎたころには、夜は勝手に眠くなり、朝は自分で目覚めてすぐに空腹を感じて食事をしっかり摂って学校に行きます。親や塾の手を煩わせずとも学校での刺激でしっかり「お利口さんの脳」が育ちます。一言で言えば「手がかからない子」になるのです。さらに子ども自身は、そうやって親の手を煩わせなくてもちゃんとできる自分は「価値ある人間」と思うことができ、「こころの脳」の育ちも順調で、自立や社会への巣立ちが早くなります。

逆に、乳幼児期から「お利口さんの脳」の刺激とばかりに塾やおけいこ事に通わせ、その結果就寝時刻が遅く、外遊びの時間がなくなると「からだの脳」が育たずバランスを崩します。そうすると、寝付きも身体の調子も悪く、朝から食欲がなかったり、吐き気や頭痛が起こったりします。親にとっていつまでも「心配な子」だと、子どもに自信は生まれません。「こころの脳」もうまく育たないので「どうせ自分なんて」と社会に出ることをためらうようになります。冒頭に挙げた様々な子どもの問題の元凶が脳育ての間違いだとわかっていただけましたか?「社会で自分を役立てたい」と考え、自分の能力を生かして活躍できる人間になることが最も人間として高度な育ちであると思うのならば、まず何よりも「からだの脳」育てが優先されるべきなのです。

投稿者 hoiku : 2020年09月17日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2020/09/7681.html/trackback

コメントしてください

*