| メイン |

2018年04月19日

野外保育の可能性14 ~子どもへのまなざし3~まめのめ

子どもへのまなざしさんが運営する野外保育まめのめです。

なぜ、野外保育なのか
〜とことん外で、とことん仲間と、とことんあそぶ〜

園舎を持たず、季節や天気で日々変わっていく自然を
まるごとフィールドにしている野外保育「まめのめ」。
この活動を通して、 季節の移り変わりの素晴らしさを再認識しています。
夏には夏の、冬には冬の楽しみがあるのです。
それはのびるや桑の実、ムカゴなど自然の恵みを味わうことだったり
虫やヘビ、魚など生き物と触れ合うことだったり
原っぱの花や葉っぱ、木や石ころのすべてが子どもにとっては遊び道具です。
そして、自然は美しい時ばかりではなく、牙をむいて襲いかかってくることもあります。
そんな自然の厳しさを、子どもたちと一緒に乗り越えてきました。

雪の日に夢中で雪遊びして、ふと気がつくと体が芯から冷えてしまい
泣き出したい気分の中大きな声で歌いながら帰ったこと。
山で蜂に刺された子をスタッフがおんぶして下山する時に
スタッフの大きな荷物を担いでくれた子がいたこと。
冷たく降り続く雨に心細くなった子の手を
ぎゅっと握って励ましてくれた子がいたから、なんとか帰り着けたこと。

「まめのめ」は大人も子どもも運命共同体。
喜びも、そして辛いことも一緒に乗り越え成長してきました。
これって、便利になった今の生活の中では感じることのできない貴重な体験だと思うのです。

毎朝、「今日はどこであそぼうか?」で始まる一日。
『子ども時代』のあそびを保障する!という志を抱いて
子どもたちの「今」と共に生きる日々は喜びあふれる幸せな毎日なのです。

なぜ、野外保育なのか
〜とことん外で、とことん仲間と、とことんあそぶ〜

園舎を持たず、季節や天気で日々変わっていく自然を
まるごとフィールドにしている野外保育「まめのめ」。
この活動を通して、 季節の移り変わりの素晴らしさを再認識しています。
夏には夏の、冬には冬の楽しみがあるのです。
それはのびるや桑の実、ムカゴなど自然の恵みを味わうことだったり
虫やヘビ、魚など生き物と触れ合うことだったり
原っぱの花や葉っぱ、木や石ころのすべてが子どもにとっては遊び道具です。
そして、自然は美しい時ばかりではなく、牙をむいて襲いかかってくることもあります。
そんな自然の厳しさを、子どもたちと一緒に乗り越えてきました。

雪の日に夢中で雪遊びして、ふと気がつくと体が芯から冷えてしまい
泣き出したい気分の中大きな声で歌いながら帰ったこと。
山で蜂に刺された子をスタッフがおんぶして下山する時に
スタッフの大きな荷物を担いでくれた子がいたこと。
冷たく降り続く雨に心細くなった子の手を
ぎゅっと握って励ましてくれた子がいたから、なんとか帰り着けたこと。

「まめのめ」は大人も子どもも運命共同体。
喜びも、そして辛いことも一緒に乗り越え成長してきました。
これって、便利になった今の生活の中では感じることのできない貴重な体験だと思うのです。

毎朝、「今日はどこであそぼうか?」で始まる一日。
『子ども時代』のあそびを保障する!という志を抱いて
子どもたちの「今」と共に生きる日々は喜びあふれる幸せな毎日なのです。

自然の中で仲間ととことんあそぶ 親も子も共に育つ保育の場

野外保育「まめのめ」

園舎を持たず、日野にある森や川、丘を中心に、季節や天気で日々変わっていく自然をまるごとフィールドにして、体験と感動を繰り返しています。

■保育時間:月曜日〜金曜日 9時〜(3時お迎え/5時お迎え)
■定員の目安:30人程度
■対象年齢:1才児クラス〜就学前

野外保育「まめのめ」のもっと詳しい情報

野外保育「まめのめ」が大切にしていること

●子どもの「今」とともに歩む
小学校に行っても困らないように、何かができるようにと将来の準備をして過ごす幼児期が子どもにとって必要でしょうか。 やりたいことを夢中でできる、今しかない「子どもの時間」をたっぷり過ごす場でありたいと思います。

●子どもを信じて受け入れる
子どもは本来、育つ力を持っています。一人ひとりのその力を信じて、「○○ができるようになってほしい」というまなざしではなく、存在をまるごと受け入れる、子どもにとって絶対的な安心の居場所でありたいと思います。

●親も子も育ちあう関係づくり
子育て真っ最中の人たちが、共に育ち合える場を自分たちの手で創りたい!とスタートした野外保育「まめのめ」。子どもだけでなく、親同士も、助け合えたり違う意見を聞き合える関係づくりが大切だと考えています。

こちらは、集団として運営を確立しているようですね。

投稿者 hoiku : 2018年04月19日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2018/04/5982.html/trackback

コメントしてください

*