| メイン |

2007年10月04日

家庭ニュース【「夫は外、妻は家庭」に反対が過半数】

家庭ニュース【「夫は外、妻は家庭」に反対が過半数】

ある公共工事現場なんですが、「10/24(水)は、仕事で帰る時間が遅くならないように・・・」との話がありました。それは、【八都県市 仕事と家庭生活の調和(ワークライフバランス)推進キャンペーン テーマ:男性の子育て参加の促進 「パパ!子育てしてますか?~変えてみよう働き方」】 というものを実施するらしく、特に10月24日は、八都県市において、職員の定時退庁を徹底するそうです。聞くと、男女共同参画関連のキャンペーンのようで、特に男性・パパと子供の接する時間をとりましょうということらしいのですが・・・

仕事をするな?とまではいっていませんけれども、少し、違っているように思われます。

それはそれで・・・話は変わって

世の中では、
【「夫は外、妻は家庭」に反対が過半数】
というアンケートが出ているようです。女性が社会に出て仕事をするのはいいと思いますが、このニュースから時流をどう読めますか?ご意見願いします。
————————————————-転載
内閣府が9月29日発表した『男女共同参画社会に関する世論調査』の結果によると、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という考えに反対の人が1992年の調査以来、初めて過半数を超え52.1%となった。これについて、ネットでさまざまな意見が飛び交っている。
 同調査によると、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきか」の質問に、「賛成」「どちらかといえば賛成」とした人は44.8%となったのに対し、「どちらかといえば反対」「反対」とした人は計52.1%。ただし、家事についての分担に関しては、「妻」と答えた人の割合が「掃除」で75.6%、「食事のしたく」で85.2%、「食後の後かたづけ、食器洗い」で74.7%となっている。
 一方、「結婚しても相手に満足できないときは離婚すればよいか」の質問に対しては、「賛成」とする者の割合が46.5%(前回51.1%)に対し、反対47.5%(前回40.1%)と、離婚に反対する人のほうが上回る結果となった。
 それに対し、ネットでは、「いまだに意識と現実との間には大きな開きが…」「『妻は外で働いてもいいけど、家の事をやるのはやっぱり妻』って言われてる気がしちゃうんですよね」などの意見のほか、「各家庭の事情それぞれ、家庭環境、生き方、千差万別」「“共働きじゃないとやってけないから家庭を守るなんて言ってられない”っていう意見も含んでますよね」など、調査自体を疑問視する声も聞かれた。

————————————————-転載終了
クリックお願いします。

 にほんブログ村 子育てブログへ

投稿者 2310 : 2007年10月04日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2007/10/356.html/trackback

コメントしてください

*