- 感謝の心を育むには - http://web.kansya.jp.net/blog -

こどもの仕事は遊びである!47 ~答えは必要無い、考えること・知りたい!が大事

Posted By hoiku On 2019年11月7日 @ 4:43 PM In 子育てをどうする? | No Comments

子育てサイト [1]https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1528804166201/さんから

続きですが、年齢ごとの意味を探ります。

外遊びが大好きな子どもたちですが、発達するにつれて、その遊び方は変わっていきます。発達に合わせて遊び方はどのように変わっていくのでしょうか。そしてその発達に親はどのような対応をしていけばいいのでしょうか。
外遊びについて発達の専門家に聞いてみた

© hakase420 – stock.adobe.com

前回までは、外遊びが子どもの発達にもたらす効果と、親のかかわり方について聞いてきました。今回は引き続き、年齢別の外遊び方法について東京成徳大学の石崎一記教授にお話を伺います。 ■0~1歳の子が自然に触れる意味とは

――0~1歳の赤ちゃんが、外で時間を過ごすことに意味はあるのでしょうか?

発達にはもちろん影響がありますよ。3歳の子は0歳から1歳、2歳を経て、3歳になる…つまり連続性がありますから、必ず何か影響してくるはずですよね。

この時期は、自然のある世界を味わうということだけでいいと思います。いっしょに木陰で気持ち良い風に吹かれる、鳥の声を聞く、気温の変化を肌で感じる、光を感じる、花を見る、水を触るなど、それだけで十分です。

――家族で自然のなかで過ごす時間を楽しむだけでいいということでしょうか?

そうです、家族で美しい自然の中で過ごすことによって、お母さんやお父さんたちに癒やされてほしいんですよね。

0~1歳は一人では遊べないので、外遊びでは親子でいっしょに過ごしますよね。平日働いて忙しいお母さんたちも増えていて、なかなか家族でゆっくりと時間を過ごせないと思います。だから週末に1時間だけでも幸せで穏やかな時間を外で過ごしてもらいたいです。1週間のなかでそういった時間が少しでもとれるかどうかというのは、重要だと思います。

■2〜4歳の「なぜ?」に親はどう受け止めればいいのか

外遊びについて発達の専門家に聞いてみた

© shirohige – stock.adobe.com

――2歳から4歳の子どもの外遊びには、どのような特徴がありますか?

2~4歳の子どもたちは、「なんで?」とよく聞いてきますが、その不思議な気持ちにどうやって付き合うかが大切なんです。

子どもたちが「なんで?」と聞いてくるのには、2つ理由があります。
1つ目は自分が不思議に思ったということを知ってほしいから。
2つ目は、本当になぜなのか答えが欲しいからです。

1つ目の知ってほしいという気持ちは、必ずきちんと受け止めてもらいたいですね。そして、2つ目については、“本当に正しい答え”を教えてあげる必要はじつはないんです。

――なぜ、正しい答えを教える必要はないのですか?

子どもたちにとっては、本当の答えを知ることより、答えが出るまでになぜなのかを考えることが大切だからです。

「なんで?」と聞かれたら、「何でだろうね、何でだと思う?」と聞き返してしまえばいいんです。そのあと子どもからデタラメな答えが返ってきたとしても、否定はせず、親もその答えを楽しんでしまえばいいんですよ。

子どもたちのなかに不思議だなという穴のようなものがたくさん開いていると、知りたいという欲求につながり、理解できたときの喜びも大きくなります。長い目で見て、この時期に自然をいっぱい体験して、不思議な気持ちをたくさん持つことは大きな意味を持っていると思います。 [2]

知りたい、知りたい!これが世界を開けるんだ。


Article printed from 感謝の心を育むには: http://web.kansya.jp.net/blog

URL to article: http://web.kansya.jp.net/blog/2019/11/7131.html

URLs in this post:

[1] Image: https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1528770564201/

[2] …: https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1528804166201/pid_2.html

Copyright © 2013 感謝の心を育むには. All rights reserved.