| メイン |

2009年10月08日

どうする?!家庭と未来~肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止~

今回も、るいネットで公開されている実現論から、序文『ロ.肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止』を紹介します :nihi:
様々な環境破壊や、ガンや、身の回りの精神的な不安定さなどの原因は、同じ構造で結ばれているんです :shock:

応援お願いします

 にほんブログ村 子育てブログへ


ロ.肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止

いま市場は行き詰まり、多くの経営者が先を読めないでいる。経営者だけではない。政治家も、官僚も、学者も、マスコミも、これまでこの社会を統合する役割を担ってきた者たちの誰一人として、明確な変革の方向を打ち出せないでいる。なぜか?それは時代が、これまで彼らのやってきた小手先の改革で済むようなレベルを遥かに超えた、根本的な変革を必要としているからである。

市場の拡大は、大量の人工物質を生み出して環境を破壊してきたが、それらの人工物質は同時に人類の肉体をも破壊する。例えば、ガンの急増は、体内に摂取された人工物質による突然変異が原因である疑いが強い。更に、ホルモン様の人工物質によって引き起こされる精子絶滅の危険性に至っては、文字通り人類絶滅の危機である。

 
環境破壊の事実
環境の話-排出権取引 | マツシタホーム社長ブログ/海外に多い環境破壊する工場。安い海外製品そのものは良いが、こんな工場の品物を買ってはならない。
 
ガン急増の事実
日本人の死亡原因の第一位は、ガン。死亡者数も年々増加傾向にあり、私たちにとってガンは身近で最も怖しい病気ですが、右の図を見てわかるとおり、1930年に比べてガンの死亡率は3倍以上も増えています。
 
精子半減の事実
~環境ホルモン研究の最前線~コペンハーゲン大学スカケベク博士の調査チームは1992年の調査で、1938年のデータと比べ、約50年間でデンマーク男性の精子が半減していると発表。/原因としてあげられたのは、1950年代~80年代にかけて、フランスで使われていた流産などの出産の異常を抑える薬に含まれていた女性ホルモンだった。NHKアーカイブス 保存番組検索: 今夜はあなたとミステリー 男が消えてゆく~精子半減の謎(放送日1995年4月7日)
 

だが、肉体破壊よりももっと致命的なのは、精神破壊である。市場の拡大によって、闘争の場(職場)と生殖の場(家庭)が分断されてしまったが、これは実は、生物史上かつて無かった極めて異常な状態である。全ての生物集団は、闘争過程と生殖過程を包摂した全的な集団として存在しており、全ての生物はその中で進化してきた。
もちろん人類も、原始時代からずっとそれを踏襲し、闘争と生殖を包摂した全的な集団の中で、今日の人類に進化してきたのである。原始時代だけでなく農業生産の時代もそうであって、例えば農家は、今日の家庭の様な単なる生殖と消費だけの場ではなく、それ自体が一個の生産体であり、従ってそこには、自然圧力をはじめ様々な闘争圧力が働いていた。だから子供たちは、働いている両親の背中を見ているだけで(学校など無くても)、健全に育っていったのである。
だが、市場拡大によって職場と家庭が分断され、かつ家庭が絶対不可侵の聖域となった(例えば、よく「企業が悪い」「学校が悪い」と糾弾されるが、「家庭が悪い」と糾弾されることは殆どない)ことによって、家庭には何の圧力も働かなくなり、その結果、家庭は子供を教育する資質をほぼ全面的に喪ってしまった。サラリーマン家庭が孕む教育不能という問題の深刻さは、当分の間は、まだ農家育ちの祖父母や両親が居たお陰で、顕在化してこなかった。
かし、農村から都市への大移動がほぼ終わった’70年以降、その致命的な欠陥が徐々に露呈され始め、とりわけ老人と共に農家時代の諸規範が家庭から消え去った’90年以降、若者たちの間に心の欠陥児が急増し、子供の精神破壊が恐ろしいスピードで進行中である。

 
ニート・引きこもり・不登校児急増の事実
※平成16年版:国民生活白書~文部科学省が1991年度より「不登校の児童・生徒の割合」を調査開始/‘07年不登校が過去最高!目標を見失って再閉塞か?不登校生徒の頭の中はどうなっているのか不登校生徒の家庭の共通の特徴から見える過保護空間素読で立ち直る不登校児
 
農業生産→工業生産→意識生産の事実
厚生白書(平成10年版)共同体・類グループの挑戦/産業構造は第一次産業の衰退と第三次産業の興隆という形で大きく変化し、人口も地方から都市部へ集中。戦後まで過半の人々が属していた村落共同体は崩壊し、地域社会の基盤を持たない人々の郊外型の生活が広がっていきます。
 
ここでも重要な問題提起がされています。
今や身近にさえ感じる「環境破壊」「精神破壊」「肉体破壊」。これらを「人類滅亡の危機」と捉えている人はそんなに多くはないのでしょうか。
また、「家庭」についても、「生物史上かつてなかった極めて異常な状態」であると認識している人も多くはないのでしょうか。
“破壊”“異常事態”このような状況に対してどうしていくべきなのでしょうか?
また、このような状況の根本原因は何でしょうか?

 

これら環境破壊・肉体破壊・精神破壊は、その何れもが人類にとって致命的な問題であり、かつその何れもがもはや猶予ならない局面を迎えている。言うまでもなくこれらの問題は、小手先の対策で解決する様な問題ではない。この問題を解決する為には、まず徹底した原因分析が必要である。だが、人類滅亡の危機を真正面から捉え、真剣にその原因を分析し、突破口を提示しようとしている人はごく少数である。
 
そうしている間にも、当の市場自身の崩壊の危機が迫っている。’70年、貧困の消滅によって、人々はこれ以上の物的な充足を得る為にもっと働こうとはしなくなり、物的欠乏が飽和限界に達したことによって、市場は拡大を停止するしかなくなった。にも拘わらず、この社会を差配する統合者(政・官・財および学者・マスコミ)たちは、自分たちの身分を守る為に市場の拡大を続行し、不足する需要を補うべく大量の国債を発行して、七〇〇兆を超える財政赤字(自治体を含む)を累積させてきた。その結果、増刷された紙幣がダブつき、経済は必然的にバブル化する。既に世界中の経済は、アメリカやヨーロッパだけではなく、ロシア、中国までもがバブル化してしまっている。(注:アメリカの株価は、’75~’82年平均に対して、物価調整値で見ても、6倍以上にバブル化している。)今や市場は、バブル化することによって見かけの成長を維持するしかない袋小路に嵌まり込んでしまったのである。

 
日本の借金とGDP
※家電製品普及率とGDPと借金残高(GRAND THEORY – るいネット)/これを読めば時代がわかる!最新版~潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
 
株価指数国際比較グラフ【各国比較】1965~1984の20年間平均=100とした、株価の国際比較グラフ。 日本、韓国、香港、シンガポール、アメリカ、イギリス、ドイツ の7カ国を掲載。 バブルの動きなどが、一目瞭然!作成:類グループ
※【各国比較】1965~1984の20年間平均=100とした、株価の国際比較グラフ。 日本、韓国、香港、シンガポール、アメリカ、イギリス、ドイツ の7カ国を掲載。 バブルの動きなどが、一目瞭然!作成:類グループ(便利データサイト – るいネット)/これを読めば時代がわかる!最新版~潮流5:失われた40年
 

だが、真っ先に日本が経験した様に、バブルは必ず崩壊する。一国バブルの日本の株価は、5倍で崩壊した。一極集中のアメリカのバブルも、7倍に達するまでに崩壊するだろう。株価の世界同時大暴落から大恐慌への道は、もはや(市場拡大を止めない限り)避けられない所まで来ている。そして、このままでは、大恐慌に襲われた各国政府が、従来以上の天文学的な額の国債を発行することは、目に見えている。その結果、遂に国債の大暴落が始まるだろう。その時、市場は完全に崩壊する。これが、世界の大破局である。

 
新しい事実の体系 GRAND THEORY Vol.4 経済破局は来るのか?~金貸しが創りあげた近代市場の崩壊~
※2007年のサブプライムローン問題を契機に、アメリカ・NY株式市場は株価の急落に見舞われました。/これら全ては、ドル大暴落による「ドル基軸通貨体制崩壊の危機」が近いことを示しています。
 
アメリカ国債(米国債)の発行残高推移と対GDP比
※米国債発行残高と該当年米GDP比(億ドル)/アメリカ国債(米国債)の発行残高推移と対GDP比をグラフ化してみる:Garbagenews.com
 
「環境破壊」「精神破壊」「肉体破壊」の根本原因である「市場拡大」。
市場拡大のために捨象、犠牲にした結果は、「人類絶滅の危機」として顕在化しました。そして、現在、このような危機を生み出した市場そのものがとことん行き詰まり、ついに崩壊しようとしています。
すでに私達は市場拡大ではない、「新たな生産」を求められているように感じます。

 

投稿者 nakamenta : 2009年10月08日 List   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://web.kansya.jp.net/blog/2009/10/945.html/trackback

コメント

市場が私権圧力に適応した産業構造とすれば、親世代っていうのはそこに適応する姿を見せることで子供は健全に育ってきたように思います。

しかし、豊かになった現代において、圧力構造が変わってしまっているのにも関わらず、共認圧力に適応する産業構造が無い事で、親自身(闘争し)適応している姿を見せる事は出来ないですね~!

先ずは、健全な子供にするのに必要な場ってどんなものなのかをみんなで共有しなければならないでしょうし「生殖って何?」「闘争って何?」等の、素朴な疑問から追究することで、目指す方向が見えてくるように感じます。

投稿者 しじみ : 2009年10月10日 00:10

どうも^^、深い認識を含んでいますね。

人類滅亡の危機と言える環境破壊・肉体破壊・精神破壊は、すべて「市場の拡大」に起因する。それらを繋ぐ本質は、市場の持つ『自由=欺瞞性』(私権獲得の自由⇒騙し)にあり、私権獲得の自由(欺瞞性)に導かれた自由市場の拡大だからこそ、“私権獲得に寄与しない”課題がとことん捨象され、三大破壊にまで至ったのだ。

貧困消滅後に生きる私たちは、近代市場300年の終焉を受け入れる時期に来ているのだと考えさせられました。
私たちは、バブル崩壊を繰り返す歴史の中で、自由市場の維持を目論む特権階級の誤魔化しにどこまで気が付くことができるのでしょうか?

その気づきの拡大が、穏やかに新システムへの移行を実現できるか?それとも事態を無意味に悪化させ、大破局に陥るか?の分岐点になるのだと思いました。
 

投稿者 ( ̄▽+ ̄) : 2009年10月10日 01:10

コメントしてください

*