- 感謝の心を育むには - http://web.kansya.jp.net/blog -

マスコミ報道で遮断される事実追求(奈良県母子放火殺人事件)

Posted By hoop200 On 2007年3月20日 @ 7:09 PM In 家庭と市場 | 2 Comments

 皆さん、昨年6月に奈良県で起こった医師宅放火殺人事件覚えてあります? :-(
当時はマスコミも大きく取り上げており、覚えてある方も多いのでは? 8)

 この事件に対し、新井省吾氏が雑誌(SAPIO 2007/3/14号)に、”奈良県母子放火殺人事件「精神鑑定書」でわかった少年と父親の「戻らぬ絆」”という記事を書いています。興味がある内容なのでここで抜粋します。

[以下は概要です。]
 医師の息子だった少年(16)が父親のスパルタ教育から逃れるため自宅に放火し、継母と弟、妹の3名が死亡し、家族の中で少年と父親だけが生き残った事件。
 その後、父親の少年に対する謝罪と、2人の和解の様子が書かれた手記が発表されると、マスコミは「父子の絆」の再生劇とこぞって報道した。

 しかし、その手記発表後、和解への道は非常に厳しいものになることを示唆した少年の精神鑑定書が家庭裁判所に提出されていた。
 勤務医であった父親(48)は、少年を医者にすべく、幼い頃から手厳しく異常なまでに教育してきた。父親は、ほぼ毎日勉強部屋で少年を監視し、少年が問題を解けない場合、容赦なく鉄拳を振るった(少年が前歯を折ったり、頭から血を流すこともあった)。こんな暴力指導が10年以上続いた。初めは、医師としての父親に憧憬の思いもあったようだが、やがてそれは畏怖へと変わる。そして、父親に2度目の成績の改ざんを見破られるのを恐れて父親を殺そうと決意する。
 
 父親はなぜ息子を医者にしようとしたのか?「開業医の娘である先妻と、その両親に対する意地から、どうしても息子を医者にしたかった。」と事件後に供述している。

 事件から1ヶ月後、父親は手記を公開し、その中には、子供に対し謝罪し、原因を作った自分も罪を償うとの内容が書かれていた。これを以って、「涙の和解」とマスコミは報道したが、実は父親の言葉は少年の胸には響かなかった。その後、鑑定医に「お父さん、変わってないですからね」と言っている。また、鑑定医が父親の衝動性や攻撃性は病的である。少年の社会復帰に際しては、少年のみならず親子関係にも注意して見守る必要があると考えられると鑑定書に記載している。
(抜粋終わり)

上記記事を読むと、いかに大手マスコミの報道が偏っているかがわかります。みんなが知りたいのは、事件の原因追究とどうしたら良いかということですが、マスコミ報道は事実を伝えないどころか、そのための実現への流れを遮断しています。マスコミ報道の怖さ(観念操作)を感じる例だと思います。


Article printed from 感謝の心を育むには: http://web.kansya.jp.net/blog

URL to article: http://web.kansya.jp.net/blog/2007/03/171.html

Copyright © 2013 感謝の心を育むには. All rights reserved.