- 感謝の心を育むには - http://web.kansya.jp.net/blog -

「何で?」の思考法が、子供達を成長させていく。

Posted By yukarin On 2006年12月20日 @ 10:13 AM In 家庭・教育ニュース,教育の新潮流,教育改革の本質とは? | 4 Comments

子供のしつけはもはや、家庭では担えないっ!! :evil:
「市民科」という授業で、基本的な規範意識を教えているそうですが・・・??

%E5%B8%82%E6%B0%91%E7%A7%91.jpg [1]
東京都品川区が使用している、「市民科」の教科書です

ちなみに「市民科」とは、小中一貫校用に作られた、独自の教科書 です。
内容は、

1、2年生 あいさつなどの基本を学ぶ。
3、4年生 個性や思いやりを学ぶ。
5~7年生 携帯電話の使い方がテーマに。インターネットの活用法も紹介されているが、それだけに頼らない態度を養うよう指導するなど、オトナ社会にも通じる内容となっている。
8、9年生 「法と秩序」「社会貢献」を学ぶ。

という感じになっているそうですよ :D

ランキングに参加してます ぽちっとヨロシクねっ

12/6の日経新聞の記事を要約しま~す

                             

今や、トイレの床にパンやお弁当を置いて食べるなど当たり前
一昔前なら「当たり前」とされてきたはずの常識や規範が、ことごとく曖昧になりつつあるらしい

2002年に京都市教育委員会が実施したアンケートによると、例えば「他人の自転車を勝手に乗る事は絶対にすべきではない」と答えた子供は、58.9%。「ルールは全く守らなくて良い」との回答は15.8%、特に高校生では、23.9%にまで達したという。

異変は、子供達だけではない。
連絡無しに欠席した子供の家に電話すれば、親から「寝るのが遅かったんだからしょうがないでしょ。」「どうだっていいじゃない、いちいちうるさいわね。」と返ってくる。
「義務教育なんだから、給食費は払う必要ない!」という親も急増・・・ :cry:

みんなが同化すべき規範がガタガタになってきているんです!! :shock:

こういう状況を見て、とある教授は、
「もはや子供のしつけは、学校と家庭のどちらが中心になってやるのか?を議論している段階ではない。家庭にしつけや教育力が望めないなら、学校が『良いこと』『悪いこと」を教えるしか道はない」と答えている。

                             

しかし、これで根本解決になるとは到底思えない・・・・・・ :cry:

子供達に、「良いこと」「悪いこと」といった価値観的な教え方をしてもきっとダメで、「何で良いのか」「何で悪いのか」という「何で?」という思考 をとことん繰り返させなければならない。

「何で? :roll:と考えて追求していけば、自分と関わるたくさんの対象に、必ずぶつかる。
そこから、「対象に同化」⇒「どうする?」という思考方法を身につけていくことで、やっと新しい規範が再生される!! :D

「何で?」の思考方法の大切さを、改めて実感した記事でした

(BY yukarin

%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%EF%BC%9F%E6%9C%A8%E3%81%AE%E5%AE%9F.jpg [2]


Article printed from 感謝の心を育むには: http://web.kansya.jp.net/blog

URL to article: http://web.kansya.jp.net/blog/2006/12/89.html

URLs in this post:

[1] Image: http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4316890093.jpg&imgrefurl=http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi%3FW-NIPS%3D9980784636&h=702&w=496&sz=57&hl=ja&start=1&tbnid=rpcKQOczofPhFM:&tbnh=140&tbnw=99&prev=/images%3Fq%3D%25E5%25B8%2582%25E6%25B0%2591%25E7%25A7%2591%26svnum%3D10%26hl%3Dja%26lr%3D%26sa%3DG

[2] Image: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=800&m=85

Copyright © 2013 感謝の心を育むには. All rights reserved.