2019.09.20

「普通の家庭の子」の精神が追い詰められている

虐待や不登校など、家庭の大きな問題がクローズアップされていますが、そんなことのないごく普通の家庭で育つ子供たちにも、疲れた、学校に行きたくない、生きている意味がわからない・・・などの活力衰弱が目立ってきています。

今回はそんなどの家庭にも潜んでいる問題構造について考えてみましょう。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「普通の家庭の子」の精神が追い詰められている"

posted by hoiku at : 2019.09.20 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.19

子供の仕事は遊びである!40 ~10の理由1・太陽も必要

外遊びの良さに注目していますが、今まで出てきた「五感を刺激する」とか、「熱中力が追求力」に加えて、そもそも太陽光を浴びる、とかの環境そのものがありますね。

playgroundhope  さんより

 

しかし、外遊びには子どもが健康に成長して行く上で想像以上に多くのメリットがあります。

んー、でも外遊びが大切なのは分かってるけど、何がそんなに特別なの…?

外遊びの重要性についてもっと詳しく知りたい!

そんな皆さんのために、今回は外遊びが子どもにとって大切な10の理由をとりあげていきます!

 外遊びが子どもにとって大切な10の理由

1. 太陽光を浴びられるから!

子どもに太陽光を浴びさせると紫外線の影響とか日焼けが心配…

そう思って心配している方もいるかもしれません。

しかし、太陽光は子どもの健康的な成長を促す上でとっても重要なんです。

人の体は太陽光、その中でも特に紫外線を浴びることによって、体内のビタミンDの生成がされます。

このビタミンD、私たちが健康的な生活をする上でびっくりする程沢山の手助けをしてくれているんです。

例えば、骨の成長、免疫力の向上、感情のコントロール、しっかりとした睡眠… これらの物はビタミンDの存在を無くしては得られないのです。

こんなすごい働きをするビタミンDを外遊びによってどんどんと生成することによって、子どもたちは風邪をひきにくくなり、肺などの臓器も強化され、体力がぐーんとアップします。

子どもたちの健康的な身体的成長を促すためにも、是非毎日少しの間だけでも外で遊ぶことを勧めてあげてください!

 外遊び1

2. 管理能力がアップする

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の仕事は遊びである!40 ~10の理由1・太陽も必要"

posted by hoiku at : 2019.09.19 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.17

ママ必見!過保護&過干渉度テスト

小学生の子供としばらく離れて過ごす機会があり、そこで感じたのは意外と「これは無理、できないかも・・・」と思うことが大丈夫だったということでした。

母親の頭の中には無力な小さい赤ちゃんの世話をした記憶が充足とともにずっと強烈に残っています!

これが過保護になっていく原因なのかも!

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "ママ必見!過保護&過干渉度テスト"

posted by hoiku at : 2019.09.17 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.13

「教科書が読めない人」は実はこんなにいる

「読解力」といえばあらゆる勉強の基礎。文章が読めなければ問題の意図もつかめず、あらゆる教科が理解不能になってしまいます。そのまま大人になれば、メール文さえ意味不明、マニュアル人間どころかマニュアルすら読めない・・そんな悲惨な状況になってしまいます。

ところがこの「教科書が読めない人」は意外な多く存在するようなのです。

今回はその実態を紹介します。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「教科書が読めない人」は実はこんなにいる"

posted by hoiku at : 2019.09.13 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.12

子供の仕事は遊びである!39 ~探究心は外遊びから育まれる

遊びに熱中することこそ学習能力を高める、ということでしたが、大事な「探究心」はどこから生まれるのでしょう?

mamagirl さんから

勉強が得意な子に育てるコツ!外で自由に遊ばせよう!

大自然の中で「楽しい!」と感じる経験が子どもの探求心を育てる

子どもが自ら学ぼうとし集中して勉強してほしいのなら、外で遊ばせましょう

小学校に入ったら本格的に勉強が始まります。「子どもには勉強を頑張ってもらいたい。しかも言われなくても勉強をしてくれたらいいのに」なんて考えることもあるのでしょう。子どもが小学校に入る前から幼児教室や通信教育、ドリルなど勉強するツールはたくさんあります。もちろんどれも素晴らしい教材ですが、勉強をすること以外にも、お勉強が得意になる方法があります。それは外で遊ばせることです。遊び6

「楽しい!」と思って勉強する子になるには、大自然に触れて五感を刺激する

子どもがやらされて勉強をするのと「楽しい!もっと知りたい!」と思って勉強するのでは、成果が全く違ってくるでしょう。勉強に限らず、子どもがあらゆることに興味を持つには「楽しい」と感じる経験が必要です。勉強と外遊びは関係ないように思われるかもしれません。でも何かに興味が持ち、好奇心旺盛な子になるには、大自然に触れて五感を刺激することが最も効果があります。

日々の生活でできることで充分!そこから子どもの探求心が生まれます

“大自然で五感を刺激する”といっても、常に森林や海に子どもを連れて行かなくてはならないということではありません。日々の生活でできることがたくさんあります。美しい夕日を見る、お花の匂いを嗅ぐ、砂を触る、アリがどこへ行くのか観察するなど、普段子どもがやっているようなことでいいのです。こうすることで「なんで夕日は眩しくないのかな?」「お花にはどうして色んな色があるの?」など「もっと知りたい」という探求心が湧いてきます。

小学生になっていても大丈夫!長い目で見て勉強を楽しめる子に育てましょう

探求心が充分に育った子は勉強にも興味を持てるようになるでしょう。「足し算は楽しい!」「字をたくさん知りたい!」と感じるようになると、勉強がはかどるはずです。すでに小学生になっている子でも手遅れではありません。勉強をさせるだけでなく、外で自由に遊ばせて好奇心を刺激してあげることいいでしょう。勉強は大人になっても必要なものです。目先の成果も大切ですが、長い目で見て楽しく勉強できる子に育てましょう。

「数学を伸ばすには外遊び」というのもありましたね。外遊びでの五感への刺激が探究心も伸ばすということですが、脳回路での働きはどうなっているのでしょう?人類の脳回路は自然の中で生き残るために発達してきました。その経緯をトレースしているのではないでしょうか?優秀な森の狩人となるために、仲間を守る戦士となるために。関連するテーマを見つけたら広げていきましょう。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の仕事は遊びである!39 ~探究心は外遊びから育まれる"

posted by hoiku at : 2019.09.12 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.10

「この子、自分に自信がないんだな・・」と感じたら。子供が自信を取り戻すために親ができること。

もしかして、近道はお母さん自身が自分にかかる重責から解放されることなのかもしれませんね。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「この子、自分に自信がないんだな・・」と感じたら。子供が自信を取り戻すために親ができること。"

posted by hoiku at : 2019.09.10 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.06

「親がやらせたいこと」に潰される子どもたち

子供のころは、やりたいことをしているときは時間があっという間に過ぎ、ご飯も忘れて熱中していたのを覚えています。
一方で学校の勉強はいやいややっているせいか、すぐに飽きてしまいました。そういう時は時間も長く感じていたものです。

今回はやしたいこと熱中にすることで子供はどう成長するのか?
いくつかの事例から見てみたいと思います。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「親がやらせたいこと」に潰される子どもたち"

posted by hoiku at : 2019.09.06 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.05

たかが不登校を悪化させる親の対応(後編)

では、具体的に親はどうしたらいいのでしょう?

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "たかが不登校を悪化させる親の対応(後編)"

posted by hoiku at : 2019.09.05 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.09.05

子供の仕事は遊びである!38 ~決め手は熱中力2

続きです

勉強と遊びは分けなくていい。食いついたら型にはめず、飽きるまでやらせて

では、どんな「遊び」をすればよいのでしょう?

「小さいお子さんをお持ちの親御さんが思い浮かべる遊びといえば、『積み木』が多いのではないでしょうか? 小さいうちは、積み上げてガッシャーン! と壊す、これだけでも十分に楽しめますね。もう少し大きくなったら、積み木と積み木をくっつけて電車に見立てる遊びもできますね。それをもっともっと長くつなげれば、この部屋は積み木が何個分あるかが分かります。たったこれだけのことなのですが、子どもは遊びを通して『測る』という感覚が養われていきます。積み木には立体感覚や図形感覚が養われるというメリットがあるとよく言われますが、実は将来の単位学習の入口にもなるのです」熱中4

「そうやって、やっぱり学習に結びつけようとしているじゃないか! と思う親御さんもいるでしょう。でも、積み木を長くつなげていくことは子どもにとって苦でしょうか? いいえ、ほとんどの子が楽しみながらやるはずです。部屋からはみ出して、廊下のほうまでつなげたい、なんていう子もいると思います」

「そうやって、遊びながら学んでいけば、子どもはどんどん吸収していきます。逆に『遊びは遊び』『勉強は勉強』ときっちり線引きをしてしまうと、うまくいきません。まず、親御さん自身がしんどくなると思います。『遊んでばかりでは勉強がおろそかになってしまう』と考えてしまうと、『子どもが遊んでいる状態』=『イキイキとしている状態』を受け入れられなくなってしまうからです」

「そして、小さいうちから勉強に慣れさせようとすると、お子さんはドリルをこなす力はついても、楽しみながら勉強をするという感覚を知らないままに成長することになります。そういう子は常に勉強を『やらされている』状態が続き、初めて見る問題にわくわくしたり、難問を前に、『ヨシ! これを自分の力で解いてみるぞ!』と挑戦しようという姿勢にはなりません。それでは中学受験をはじめ、ここぞ! というときに力を発揮することができません」

最後に小川先生はこう話します。

「子どもを賢くする『遊び』というと、何か良質なおもちゃを与えたり、どこかへ連れていったりしなければいけないと考える親御さんもいるでしょう。もちろん、それも良いことですが、何も特別なことをさせる必要はありません。共働きで毎日が忙しい親御さんは、子どもと向き合える時間も限られています。無理なくできる遊びで十分です

「また、幼少期は親子で一緒に楽しみながら遊ぶといいと思いますが、お子さんの遊びにずっと付きっきりである必要はありません。お子さんがその遊びに食いついたら、型にはめずに飽きるまでやらせてあげましょう。そして、時々お子さんの様子を気にかけ、『わぁ~、すごいのを作ったね。これってどうやったの? お母さんに教えて』など声をかけてあげるといいでしょう」

「子どもはお父さんとお母さんが大好きです。親の愛情を感じながら、自分が好きなことをして遊ぶ時間は、他の何物にも替え難い安心感と幸福感をもたらします。プラスの感情をベースに持ちながら、幼少期にたっぷり遊んだ子は、必ず後伸びします。飽きるまでやったという経験が、やり遂げる力を育み、入試など今が勝負! というときに、ものすごい集中力を発揮し、どんなに難しい問題に遭遇しても、最後まで諦めずに頑張る子にするのです」

熱中とそれに伴う幸福感!やらされている状態だと後が続かない!そうですよね~

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の仕事は遊びである!38 ~決め手は熱中力2"

posted by hoiku at : 2019.09.05 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.08.29

働き方改革の本質は子供の遊びにあり?~どんなこともとことん追求し工夫する心が仕事を楽しくする。

子供の遊びを見ていると、ミニカーを並べては崩し、また並べては崩しをひたすら続けていたり、砂場で穴を掘り始めると、これまたひたすら掘り続ける・・・

こんな単純作業で何が楽しいんだろう?と思っていましたが、その時子供の頭のなかでは、工夫と追求の世界が広がっているのだそうです。。

今回はそんな単純作業の奥に広がる宇宙について紹介します。

私たち大人の仕事の仕事にも通じるものがあるかもしれません。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "働き方改革の本質は子供の遊びにあり?~どんなこともとことん追求し工夫する心が仕事を楽しくする。"

posted by hoiku at : 2019.08.29 | コメント (0件) | トラックバック (0) List