2019.04.18

子供の仕事は遊びである!19 ~遊びと教育は対立する概念ではない2

ちょっと堅い文章~の続きです。

Ⅱ. 連続線としての遊びと教育―遊びの原理を教育の原理に

遊びの特性としては、「楽しい」「自由」「自発的」「自己目的的」「緊張感」などが挙げられる。 しかしこれらは教育が目指すべき目標を示す言葉でもあると言える。遊びと教育とを一本の連続線の上に位置づけることができるとして、 遊びと教育の関係について考察したい。
1 遊びの特性
「楽しい」ということが、遊びの魅力を構成する最大の要因であろう。なぜ楽しいか、ということになると、 そこには「自由」があるから、と答えざるを得ないであろう。他人に強制された活動ではないから、拘束感はないし、 他律的でもない。ということは、受け身ではなく能動的な活動だということである。遊びにおいて子どもは自主性を回復し、 人間としての主体性を保持できる、といってもよかろう。遊びが教育において重視されねばならない理由もまた、ここにあるといえる。
古来、遊びとは何かという問いを巡って、その本質を追及した学者も多い。それら多くの人たちの回答の中から、遊びの共通特性として、次の4つをあげる。

①遊びは自由な活動である。
②遊びは自発的な活動である。
③遊びは自己目的的活動である。
④遊びは、喜び、楽しさ、緊張感を伴う活動である。遊び

 

 

 

 

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の仕事は遊びである!19 ~遊びと教育は対立する概念ではない2"

posted by hoiku at : 2019.04.18 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.04.16

子供に横並びを求めないこと!

学校生活になじめないとまず発達障害が疑われ、スクールカウンセラーから検査を受けるようにアドバイスされます。

でも、次の文章を読むと発達障害と診断されたとしても大人になればそんなこと関係ないくらい社会生活を営むことができるのだなと実感できます。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供に横並びを求めないこと!"

posted by hoiku at : 2019.04.16 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.04.11

学校に行かないほうが「かっこいい」

子供が学校に行かなくなった。

たいていの親御さんは、「社会からのドロップアウト」という悲惨な場状況を真っ先に考えるかも知れません。自ら小・中・高そして大学を卒業し、学校に行くのが当たり前、それ以外の選択肢は考えたことが無いわけですからそう考えるのも無理はありません。

しかし、実際に子供を学校に通わせなかった親御さんの話を聞くと、事実は全く異なるようです。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "学校に行かないほうが「かっこいい」"

posted by hoiku at : 2019.04.11 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.04.09

子供の仕事は遊びである!18 ~遊びと教育は対立する概念ではない1

ちょっと硬い文章ですが、大事な考え方だと思ったので、、

勉強のデキル子=テストの点数が高い子よりも、遊びのデキル子の方が人間力の偏差値は高いのです。

ネット上で見つけた論文「遊びと教育」から

Ⅰ. 遊びを教育に生かす―遊び心を教育に

偏差値主義からゆとり教育への変遷は、「遊びの原理を教育の原理に持ち込む」という観点から解釈することができる。「遊びの精神を教育に」ということで遊びと教育のつながりについて考えてみたい。

1 これまでの学校教育
1)能力主義価値観
学校生活の作り出す人格特性は、教育内容と教授方法によって決まるといえる。これまでの学校では、「知識」が具体的な「体験」とは切り離されて、教師によって一方的に注入されがちであった。子どもは自分の頭で「思考」することなく、テストに役立つ知識だけを「暗記」する。それが教育であった。教師の指示になんの疑いを持たず従う結果、子どもの学習態度は「受動」的となり、権威に「依存」し、自分で「自主」的に判断したり決定したりすることを恐れるようになる。自信がないのでいつまでも「自立」できない「他律」的な人格が生まれる。偏差値という単一の基準が絶対であるため、点数として測定できない「個性」は無視される。「創造」性は育たず、「画一」的な規格型人間が大量に出現することになる。こうして学校はただ成績順位を争う「競争」の場と化し、他人への思いやりや連帯や「協同」を育てる集団へと高まることはない。集団が顔を出すのは、班や集団に埋没し、集団のために競争する存在でしかない。
以上説明した学校教育の特徴を示すキーワードをまとめたのが図1である。左側がこれまでの学校教育を特徴付けることばであり、これに対応する右側の反対語が、これからの学校教育のあり方を指示するものである。あいち1

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の仕事は遊びである!18 ~遊びと教育は対立する概念ではない1"

posted by hoiku at : 2019.04.09 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.04.09

子どもの友達力・人間関係力が高まり、友達関係がうまくいくためには?「肯定的な言葉遣い」「共感力」「一人でいる力」の3つが大切

和顔愛語ってよく言ったものですね。

あれも出来てないこれもできてないと思う前に和顔愛語を心がけていきましょう!

 

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子どもの友達力・人間関係力が高まり、友達関係がうまくいくためには?「肯定的な言葉遣い」「共感力」「一人でいる力」の3つが大切"

posted by hoiku at : 2019.04.09 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.04.05

子供の脳の発達に最も影響するのは「遺伝」でも「早期教育」でもなかった!

今関心が集まっている早期教育ですが、その弊害については、日本のみならず海外でも同様の議論が起こっているようです。

今回は、海外の専門家による幼児教育のあり方について紹介します。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の脳の発達に最も影響するのは「遺伝」でも「早期教育」でもなかった!"

posted by hoiku at : 2019.04.05 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.04.04

子供の仕事は遊びである!17 ~思いやりの心を育む・育てたいのは人間力

大人になっても必要な人間力はこんなところから培われて行くんでしょうね。

(3)思いやりの心を育む

① 思いやりを受ける体験が思いやりの芽を育む

子どもの中に思いやりの心を育てるためには、子どもを取り巻く環境が大切である。最も身近にいる家族、そして保育者が思いやりのある人間であることが最高の環境なのだ。
そして他の人から思いやりを受けたという経験があればあるほど、社会のルールをそれほど厳しく教えなくとも、子どもは自然に守ることができるようになるものである。
これは、ある保育所での思いやりの芽が育まれたひとこまである。
お誕生日に、その子が一番してほしいと願っていることをプレゼントすることになった。プレゼントは、子どもたちの話し合いにより決まる。泣き虫のケンちゃんには、戦いごっこで勝たせてあげることをプレゼントすることにした。今まで勝ったことは一度もなく、負けてばかりでかわいそうだと子どもたちは思っていた。
いつもどおりケンちゃんも入り、新聞紙で作った剣でのチャンバラ遊びが始まった。やっぱりケンちゃんは大負けして泣きべそをかき始めた。その時だ。リーダー格の子が「プレゼント、プレゼント。」
と、少し大きな声でみんなに伝えたのである。子どもたちは伝わった順にあわてて、ばたばたと倒れて死んだまねをし始めた。最後にはケンちゃんをのぞいて全員が倒れてしまった。ケンちゃんは、しばらくぽかんとしていたが、その後にこっと笑った。友達は起き上がりながら、「誕生日、おめでとう。」と歌った。世界にたった一つしかないあったかいあったかいプレゼント。遊び5

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の仕事は遊びである!17 ~思いやりの心を育む・育てたいのは人間力"

posted by hoiku at : 2019.04.04 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.04.02

我が子が仲間はずれやいじめにあったとき絶対にやってはいけないこと

普段から自分が主体であることを感じていると仲間はずれやいじめは深刻化しないのですね。

ってことは、いじめが深刻化しているのは子供たちが自分が主体であると感じることができていない・・・?

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "我が子が仲間はずれやいじめにあったとき絶対にやってはいけないこと"

posted by hoiku at : 2019.04.02 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.03.28

現在の学校の勉強をしすぎるとバカになる。

子供がまじめに勉強している姿を見れば親は安心するかもしれません。しかい学校の勉強をしすぎるとバカになる、といわれたらどうでしょう?

そんなことはありえない、といわれるかも知れませんがどうやら本当のことのようです。

今回はその理由と対処法について考えて見ましょう。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "現在の学校の勉強をしすぎるとバカになる。"

posted by hoiku at : 2019.03.28 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.03.28

子供の仕事は遊びである!16 ~自主性を育む・遊びは考えるところから2

遊びを考えるところから~の続きです。

②幼児の自主性を育む環境
子どもは、そこに「砂場」があれば山をつくり、トンネルをつくり、小川をつくり、水を流して遊ぶ。するとそこに船を浮かべたくなり、船をつくって浮かべる。水に浮かんでいる船を見れば動かしたくなる。ペットボトルに水を汲んできて流したり、扇で風を起こして進めたりする。また、一人の幼児の工夫した遊びは仲間を呼び込む、仲間が集まると、「一緒にしたくなるもの」が見つかる。
また、砂場があって、大人が見事な山をつくり、川をつくったとしても、そこでは遊ばず、すぐ壊してしまい、子どもたちは、自分たちで自分たちの砂山や川をつくる。子どもは、失敗しても、試行錯誤しながら創り上げていく「プロセス」が楽しいのである。
このように、幼児は、目の前の具体的なモノに主体的にはたらきかけ、仲間と一緒に動かしたり、操ったり、製作したりしながら、 創造的な遊びの世界を楽しむのである。
右の写真は、幼稚園の中で子どもにあまり活用されていない欅の木の環境を見直すことで、幼児が主体的にはたらきかけ、アスレ チック遊びができる環境にまで創り上げていったものである。むかしあそび3
以下は、そのプロセスを示したものである。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子供の仕事は遊びである!16 ~自主性を育む・遊びは考えるところから2"

posted by hoiku at : 2019.03.28 | コメント (0件) | トラックバック (0) List