2019.11.15

「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機

不登校の数が年々増えています。文科省の今年10月の発表では、過去最多の16万人を超えたとのこと。もはや不登校は特殊な事例ではなく、学校が抱えている根本的な問題として考える時がきているのだと思います。

しかしその学校の中にいる当事者にとっては、なぜ学校に行きたくないのか?が明確に説明できず、学校に行けない自分を責めて(親からも責められて)苦しんでいる例が思いのほか多いようです。

今回はそんな不登校の体験談から考えてみます。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機"

posted by hoiku at : 2019.11.15 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.11.14

「なんのために」を見失うのも見つけるのも、すべては自分の意思

子供は親が薦めるものは、基本、「いいよ」と受け容れてくれます。

でも、子供の人生は子供自身のもの。

本人が自分自身のタイミングで選び取っていくものなのではないでしょうか。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「なんのために」を見失うのも見つけるのも、すべては自分の意思"

posted by hoiku at : 2019.11.14 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.11.14

こどもの仕事は遊びである!48 ~挑戦する、観察する、持って帰る

続きです https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1528804166201/pid_2.html

少し大きくなってきたら、、の話です。

■5歳以上になると外遊びは変化する

外遊びについて発達の専門家に聞いてみた

© tsuppyinny – stock.adobe.com

――では5歳以上の子どもたちは、どういった遊び方に変化していきますか? また、親のかかわり方は変わってくるのでしょうか?

5歳以上になると、何かに挑戦するという遊び方が増えてきます。この時期になると、親がいっしょに遊ぶことは次第に減ってきて、寂しいと感じる人もいるかもしれませんね。安全確保はしっかりととり、共感してあげることも重要です。

子どもに自分を重ねてしまい、ついつい心配しすぎてしまう人もいるかと思いますが、子どもには子どものやり方があるので、これくらいの時期からは自主性を伸ばしてあげることに注力してあげてください。その子らしい発達を促していかれるように、子どもが今何を感じているかということを一番に考えてあげてください。

■外遊びにおいて一番大切なこととは

――外遊びで持って行くといい道具があれば、ぜひアドバイスをお願いします!
外遊びについて発達の専門家に聞いてみた

© Monet – stock.adobe.com

5歳くらいまでの子どもたちにとって“自ら遊びを作り出す力”が奪われてしまうので、ボールやラケットといった遊び道具は必要ないと思います。虫メガネは自然を観察するときにとても便利ですし、子どもも喜ぶと思うので、おすすめです。また、スケッチブックなどのお絵かき道具も、外遊びの時間を有意義にしてくれますよ。

ビニール袋を持って行って、拾ったものを入れさせてあげるといいですね。拾ったものは、その日楽しかった体験の象徴です。安全かどうか確認したうえで、持ち帰らせてあげてほしいと思います。

――石崎先生は外遊びで一番大切なのはどんなことだと考えていますか?

外遊びというとお母さんにとっては大変なイメージがあるかもしれませんが、身近で気軽に行うのが一番です。無理に遠い公園に行こうなどと考えず、普段から遊んでいる近所の公園でも、工夫することで十分楽しく過ごすことができますよ。家族で自然の中で幸せな時間を過ごして、ぜひ外遊びを癒やされるような時間にしてもらいたいと思います。

・・ああ、そういえば、色々拾ってきたわ、、、ごみみたいなの拾って怒られたこともあったけど、特に虫類には異常に興味が湧いたな・・・

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "こどもの仕事は遊びである!48 ~挑戦する、観察する、持って帰る"

posted by hoiku at : 2019.11.14 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.11.08

「あんたが行かれへん学校が間違ってんねん」

学校に行けなくなる子の大半は、「学校に行かなくては」「学校にいけない自分がいけないんだ」と、自分を責めるる傾向にあるそうです。

それが余計な負担となり、ますます学校には行けなくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

でも、自分ではなく学校がおかしいんだととらえると、状況は一転します。

今回は、おかしい学校を変え、多くの不登校の子たちが集まってくる大空小の元校長先生のお話を紹介します。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "「あんたが行かれへん学校が間違ってんねん」"

posted by hoiku at : 2019.11.08 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.11.07

こどもの仕事は遊びである!47 ~答えは必要無い、考えること・知りたい!が大事

子育てサイトhttps://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1528804166201/さんから

続きですが、年齢ごとの意味を探ります。

外遊びが大好きな子どもたちですが、発達するにつれて、その遊び方は変わっていきます。発達に合わせて遊び方はどのように変わっていくのでしょうか。そしてその発達に親はどのような対応をしていけばいいのでしょうか。
外遊びについて発達の専門家に聞いてみた

© hakase420 – stock.adobe.com

前回までは、外遊びが子どもの発達にもたらす効果と、親のかかわり方について聞いてきました。今回は引き続き、年齢別の外遊び方法について東京成徳大学の石崎一記教授にお話を伺います。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "こどもの仕事は遊びである!47 ~答えは必要無い、考えること・知りたい!が大事"

posted by hoiku at : 2019.11.07 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.11.05

不登校と病院・医療現場

子供が「学校に行きたくない」と言い出したときに相談したスクールカウンセラーからの最初のアドバイスは、「病院で知能検査を受けてください」でした。

戦慄を覚えます。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "不登校と病院・医療現場"

posted by hoiku at : 2019.11.05 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.11.01

生物史を学ぶ意義

生物史を学ぶと、私たちもその進化の一端を担い、自然の一部であることに気づかされます。

自然を支配するのではなく、自然とともにどう暮らし、社会を営んでいくべきかを考える重要なきっかけを与えてくれるように感じます。

今回はその生物史を学ぶ意義について考えてみます。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "生物史を学ぶ意義"

posted by hoiku at : 2019.11.01 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.10.31

こどもの仕事は遊びである!46 ~いろいろなものに出会って材料を揃えていく

https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1528770564201/pid_2.html 続きです。

さらに外遊びの効果です。

■外遊びの体験が子どもに与える効果の4つの視点

――それでは、具体的に外遊びでどのような効果が得られるのでしょうか?

視点は4つあります。まず、1つ目は感覚が豊かになるということ、2つ目は試行錯誤ができるということ、3つ目は、達成感や満足感を得られるということ、そして4つ目は、命のつながりを学べるということです。

<1.子どもの感覚が自然のなかではより豊かになる>
外遊びについて発達の専門家に聞いてみた

© paylessimages – stock.adobe.com

――1つ目の感覚が豊かになるということですが、具体的にはどういうことですか? また子どもの場合はとくに顕著だということでしょうか?

感覚には、視覚や聴覚、嗅覚や触感、そして味覚などがありますが、自然のなかではとくにそれらが活性化される傾向にあります。たとえば、花を見てどんな種類だというように知識としてあれこれ考えるよりも、ただきれいだと感じるようなことが、感覚をより活性化するのです。

そして、感覚というのは同時にいくつも使うほうが、より記憶に残るということがわかってきています。自然はそうした環境にはぴったりです。家にいるよりも、子どもたちにさまざまな感覚を体験させてあげることができます。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "こどもの仕事は遊びである!46 ~いろいろなものに出会って材料を揃えていく"

posted by hoiku at : 2019.10.31 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.10.31

子どもに「正しい自信」をつける方法とは?12歳までに「自信ぐせ」をつけよう

子供をどうするか?を考えると、

親をどうするか?に行きつくんですよね。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "子どもに「正しい自信」をつける方法とは?12歳までに「自信ぐせ」をつけよう"

posted by hoiku at : 2019.10.31 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2019.10.24

歴史からなにを学ぶか

学校で学んできた歴史。

農業の発明、科学技術の発達、産業革命など、原始時代からの進歩という流れで教わってきたように思います。

現代を、近代思想を是とすれは、そこに至る歴史は進歩してきたことになりますが、これは一面的な歴史のとらえ方だと思います。

今回はその歴史のとらえ方、そこからなのを学ぶのかを考えてみます。

 にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む "歴史からなにを学ぶか"

posted by hoiku at : 2019.10.24 | コメント (0件) | トラックバック (0) List